阪神、巨人ともに決定打が出ず延長12回引き分け

阪神、巨人ともに決定打が出ず延長12回引き分け

阪神対巨人 引き分けに終わり、マウンド上でハイタッチを交わす巨人ナイン(撮影・田崎高広)

<阪神2−2巨人>◇14日◇甲子園

 阪神は1回に大山の2点タイムリーで幸先良く先制。対する巨人は3回まで阪神秋山の前にノーヒットと攻略の糸口をつかめず。

 巨人は6回までに2度も得点圏に走者を置くも、得点ならず。阪神も巨人先発菅野の前に6回まで追加点を奪えず。

 巨人は8回に陽の適時打で1点を返し、9回には長野の適時打で同点に追いついた。その裏を抑え延長戦に入った。

 延長戦はともに決定打が出ず、2−2で12回引き分け。巨人は今季の阪神戦勝ち越しが決まった。