ロッテ角中「ハムが切れそう」西川転倒ランニング弾

ロッテ角中「ハムが切れそう」西川転倒ランニング弾

1回表ロッテ2死、中堅手西川が飛球をこぼす間にランニング本塁打を達成する角中(撮影・黒川智章)

<日本ハム4−6ロッテ>◇14日◇札幌ドーム

 ロッテ角中勝也外野手(30)がランニングホームランを放った。

 1回2死走者なしで、日本ハム有原から左中間への飛球を放った。中堅西川が走りながら捕ったが、そのまま勢い余って足がもつれ完全捕球できずに転倒し、ボールがグラブからこぼれた。これを見て、角中は二塁付近から再加速。中継でボールが本塁に戻る前に生還し、6号ソロとなった。

 「打ったのはストレートです。ハム(太もも裏)が切れそうです(笑い)。以上です。ランニングホームランは記憶が正しければ高校以来ですかね」と話した。