広島松山、先制弾&適時打で2打席連続打点

広島松山、先制弾&適時打で2打席連続打点

広島対DeNA 3回裏広島2死三塁、適時左前打を放つ松山(撮影・河野匠)

<広島5−4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

 広島が4番松山竜平外野手(31)の適時打で追いついた。

 2回に2点を先制するも3回に逆転され、1点を追うその裏。先頭の田中広輔内野手(28)が右前打で出塁すると、盗塁と犠打で1死三塁とした。続く丸佳浩外野手(28)が二ゴロに倒れ2死三塁。松山が今永のスライダーを左前に落とし、同点に追いついた。

 松山は2回にも先制のソロ本塁打を放っており、2打席連続打点で気を吐いた。