広島マジック1 V行方は延長戦の阪神結果待ち

広島マジック1 V行方は延長戦の阪神結果待ち

2回裏広島1死三塁、バティスタの左前適時打で生還しナインと笑顔でハイタッチする新井(撮影・上田博志)

<広島5−4DeNA>◇14日◇マツダスタジアム

 広島がシーソーゲームを制し、マジックを1に減らした。マジック対象の阪神が延長戦に入り、優勝の行方は阪神の結果待ちとなった。

 優勝マジック2で迎えた広島は2回、4番松山のソロ本塁打で先制。さらにバティスタも適時打を放ち、2点リードした。DeNAは直後の3回にロペスの2点適時打と宮崎の犠飛で逆転。広島もその裏、松山の適時打で再び同点とした。

 続く4回、バティスタがソロ本塁打を放ち、広島が再びリード。しかし7回、DeNAは柴田の犠飛でまた同点に追いついた。

 広島は8回、バティスタの犠飛で勝ち越し。9回を中崎が締め逃げ切った。

 延長戦に入った阪神が敗れれば広島は優勝。勝ち、引き分けの場合は16日ヤクルト戦(マツダスタジアム)以降に持ち越しとなる。