日本ハム高梨、引退の飯山へ「少しでも恩返しを」

日本ハム高梨、引退の飯山へ「少しでも恩返しを」

登板前日、ストレッチを行う日本ハム高梨(撮影・保坂果那)

 日本ハム高梨裕稔投手(26)が15日、札幌市内の室内練習場で汗を流した。16日オリックス戦(札幌ドーム)での先発に向けてキャッチボールなどで調整した。

 この日、20年目の飯山裕志内野手(38)が今季限りでの現役引退を表明した。「1年目から野球に対する姿勢を見させてもらい、勉強になる部分がたくさんあった。最後、少しでもいい試合をして恩返しできたら。明日しっかり投げたい」と、気持ちを奮い立たせていた。