夏甲子園出場校対決 二松学舎大付が東海大菅生破る

夏甲子園出場校対決 二松学舎大付が東海大菅生破る

二松学舎大付対東海大菅生 勝利し、東海大菅生の選手たちとのあいさつを終えベンチに引き揚げる二松学舎大付の選手たち

<秋季高校野球東京大会:二松学舎大付12−5東海大菅生>◇1次予選1回戦◇16日◇多摩一本杉

 今夏の甲子園出場校同士の一戦は、甲子園16強の二松学舎大付が17安打12得点で同4強の東海大菅生に打ち勝った。

 初回に3点を先制すると、中盤に5点、終盤に4点と効果的に加点し、東海大菅生の最速144キロ右腕、戸田懐生投手(2年)を8回9失点と打ち崩した。

 4番平間陸斗内野手(2年)は3安打4打点で打線をけん引。「ああいうピッチャーから打てたのは自信になる」と振り返った。