巨人マイコラス、好投も梶谷に1発「話したくない」

巨人マイコラス、好投も梶谷に1発「話したくない」

巨人対DeNA ベンチで汗をふくマイコラス(撮影・松本俊)

<巨人0−1DeNA>◇16日◇東京ドーム

 巨人マイルズ・マイコラス投手(29)が、味方打線の援護に恵まれず7敗目(13勝)を喫した。

 クライマックスシリーズ進出へ向けた直接対決の初戦を落としたチームは、ゲーム差0でDeNAに並ばれた。

 3回まではパーフェクトピッチングと、立ち上がりからDeNA打線を圧倒した。唯一の失点は4回1死走者なし。梶谷に外角いっぱいの145キロを捉えられ、右中間スタンド最前列へ運ばれた。中5日の登板を7回4安打1失点でまとめたが、黒星となった。

 「調子は悪くなかったが、変化球の制球が乱れてボール先行になったので、いつも以上にストレートに頼った。ツーシームでゴロを打たせようとした。本塁打の場面は、あまり話したくない」と振り返った。