オリックス山崎勝が今季初安打「初球から積極的に」

オリックス山崎勝が今季初安打「初球から積極的に」

日本ハム対オリックス 5回表オリックス1死二塁、左越え適時二塁打を放つ山崎勝(撮影・黒川智章)

<日本ハム−オリックス>◇17日◇札幌ドーム

 オリックス山崎勝己捕手(35)が5回、今季初安打となる同点打を放った。1死二塁から左翼線への適時二塁打。初球の低め直球をうまくとらえた。

 「チャンスだったので、初球から積極的にいきました。何とか1本出したかったですし、今シーズンの初ヒットがタイムリーになってくれてうれしいです」。

 直後の5回守備では現在リーグ盗塁王の西川の二盗を阻止。ベテランが攻守に存在感を示した。