「外国人枠撤廃」でスター選手が続々参入? Jリーグに“助っ人黄金期”が再来!

イニエスタが神戸入り トーレスのサガン鳥栖入も噂され、Jに“助っ人黄金期”再来か

記事まとめ

  • ヴィッセル神戸は、スペイン代表のアンドレス・イニエスタの獲得を発表した
  • ここにきて元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスのサガン鳥栖入りも噂されている
  • 過去にはジーコ氏、リネカー氏、リトバルスキー氏、ドゥンガ氏などがJリーグでプレー

「外国人枠撤廃」でスター選手が続々参入? Jリーグに“助っ人黄金期”が再来!

「外国人枠撤廃」でスター選手が続々参入? Jリーグに“助っ人黄金期”が再来!

ヴィッセル神戸がイニエスタを獲得に続き、世界的名選手がプレーしていた時代が再び来るのか!?

世界で一番サッカーがうまい男(断言)が日本にやって来た! イニエスタがついにJリーグに降臨!! 

そして、このインパクトは今だけにとどまるモノではない。今後、世界的スターが日本に続々やって来る可能性を秘めているのだ!

■キーになるのは「外国籍選手枠」の撤廃

5月24日、ヴィッセル神戸は、スペイン代表のアンドレス・イニエスタの獲得を発表した。現在34歳のイニエスタは、名門バルセロナに数々のタイトルをもたらした天才MF。スペイン代表でもW杯や2度のEURO(欧州選手権)優勝を経験した。

報道によると、神戸と3年半契約をかわしたイニエスタが手にする年俸は推定2500万ユーロ(約32億円)。2014年〜15年にセレッソ大阪でプレーしたディエゴ・フォルラン(ウルグアイ)や現在、神戸に在籍しているルーカス・ポドルスキ(ドイツ)の推定年俸が6億円とされている。過去にJリーグでプレーした外国人選手の中でも、群を抜くビッグネームだ。

そして、ここにきて元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスのサガン鳥栖(とす)入りも噂されている。もしや、レジェント級の外国人選手たちが、続々とJリーグ入りする流れが来ている?

ジーコ、リネカー、リトバルスキー、ストイチコフ、ドゥンガ…かつてJリーグには世界的名選手が多くプレーしていた時代があった。ところが、ドラガン・ストイコビッチが引退した01年以降は各クラブが“身の丈経営”に舵(かじ)を切った影響により、スター不在の時代が続いていた。

ところが、変化の兆しが見え始めている。サッカーライターの中山 淳(あつし)氏はこう語る。

「まずは今シーズン開幕前に、トヨタ自動車の強力サポートを受ける名古屋グランパスが元ブラジル代表FWのジョーを推定1千万ドル(約11億円)の移籍金で獲得。そして今回は、楽天の三木谷浩史社長の尽力によって、イニエスタの神戸への移籍が実現した。まだ多くはありませんが、大企業の援助を得て、大物を獲得しようとするクラブは増えてきている。

さらには、“DAZN(ダゾーン)マネー”の存在もある。16年、Jリーグはスポーツのネット配信サービスを全世界で行なっている『DAZN』と契約。それにより放映権料など多額の金が各クラブに行き渡りました。例えば昨年のリーグ王者・川崎フロンターレは3年総額22億円、2位の鹿島アントラーズは総額11億7000万円を得ています。まだそういったクラブから大物獲得の話は聞こえてきませんが、それも時間の問題かもしれません」

■Jのクラブは思い切った投資を!

その理由のひとつとして中山氏が挙げるのが、いわゆる“外国人枠”と呼ばれるJリーグの外国籍選手枠(登録できるのは1チーム5人まで、試合にエントリーできるのは3人まで)の撤廃だ。Jリーグ関係者はこう明かす。

「元々、外国人枠を撤廃する動きはあって、16年には各クラブの代表取締役で構成される実行委員会で『日本人選手を15人以上保有していれば、それ以外のすべての選手が外国籍選手でもいい』という素案が提示されました。

そのときは議論の末に実現に至りませんでしたが、イニエスタの加入で神戸の外国人枠がオーバーすることから潮目が変わった。今は各クラブの意見を集めている段階で、日本人選手の育成をどうするのかなど課題はありますが、原 博実副チェアマンも『今年いっぱいかけて話をしていきたい』と発言していますし、来シーズンになんらかの変化はあるかもしれません」

では最後に、“助っ人黄金期”の再来に向けて、獲得のチャンスがある世界的スターを挙げていきたい。

まずは、今夏にプレミアから海外に移籍すると噂されているウェイン・ルーニー。名門マンチェスター・ユナイテッドのかつてのエースがJリーグでプレーするとなれば、それこそイニエスタに次ぐ人気選手となること間違いなし!(その後、MLSのDCユナイテッド移籍発表、残念!)

そのほか、現役引退を発表した元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバを無理やりJリーグに連れてくる! 年内にLAギャラクシーとの契約が満了する元スウェーデン代表、ズラタン・イブラヒモビッチにアタックする! ただの願望かもしれないが、日本のサッカーを盛り上げるため、資金力を得たクラブはこれらのスターを獲りにいってほしい!

(取材協力/和田哲也)

関連記事(外部サイト)