他球団スコアラーが分析する投手・大谷翔平の攻略法とは?

大谷翔平の課題はフォームバランスをつかめていない序盤だと野村弘樹氏が分析

記事まとめ

  • 大谷翔平は先発しながら打線にも入った『二刀流試合』に今季7戦全勝している
  • ただ、大谷はフォームバランスを掴めていない序盤に課題があると野村弘樹氏が分析する
  • また楽天時代の田中将の様に、いつでもストライクが取れる域には達していないとも語る

他球団スコアラーが分析する投手・大谷翔平の攻略法とは?

他球団スコアラーが分析する投手・大谷翔平の攻略法とは?

「二刀流論争」に圧倒的な結果を残すことで完全にケリをつけた今年の大谷

プロ入り当初は疑問の声も多かった「二刀流論争」に圧倒的な結果を残すことで完全にケリをつけた今年の大谷翔平(北海道日ハム)。

プロ4年目にして投打とも完全にチームの中心となった希代の怪物は、CSや日本シリーズを勝ち抜いて“マンガを超えたヒーロー”になれるだろうか?

「結論から言えば、大谷が活躍すれば日本ハムはCS突破、あるいは日本一。逆に、活躍できなければ苦戦。そうなるでしょう、やっぱり」

現役時代にロッテの捕手として2度の日本一を経験した野球評論家の里崎智也氏は、迷わずそう言い切る。

今年、特筆すべきなのは、先発しながら打線にも入った「二刀流試合」に7戦全勝したこと。当初「早くどちらかを選べ」といわれた投打の二刀流も、もうケチをつける者はいない。成績的にも、内容的にも、今年の大谷翔平は投げては最速164キロを誇るエース、打っては主に3番を任される主砲として、チームを入団以来初の優勝に導いたのだ。

日本で一番野球がうまいヤツらが集うプロの世界で、エースで主砲で日本一。マンガでも恥ずかしくて描けないようなヒーローの誕生劇は実現するのだろうか?

まずは投手・大谷について。CS、そして(まだ気が早いが)日本シリーズでの課題を、かつて横浜(現DeNA)のエースとして活躍した野村弘樹氏はこう分析する。

「大谷の数少ない課題は立ち高く、手足の長い投手にありがちですが、その日ごとの微妙なフォームのバランスをつかめるのは2回か3回になってから、ということが多い。相手とすれば、そこまでがチャンスといえます」

シーズン中、大谷と何度も対戦してきたパ・リーグ某球団のスコアラーもこう語る。

「大谷の球種配分は60%近くがストレートで、約20%がフォーク、残りがスライダー、カーブ、チェンジアップなど。平均でも155キロ以上、試合によってはバンバン160キロを超えてくるストレートを主体に攻めるオーソドックスなものです。

ただ、初回から160キロ超えを連発することも多い一方、序盤はそのストレートが抜けてボール球になるケースが目立つ。逆に言えば、そこをしのげば、もう試合は大谷のペースです」

ちなみに球種別の被打率は、ストレートが1割9分5厘、変化球が2割2分2厘。いずれも低いとはいえ、やはりストレートのボール球を見極めつつ、変化球を狙い打つのがポイントか。

「大谷にはまだ精密な制球力はなく、楽天時代の田中将大(現ヤンキース)のように、必要なときにいつでもストライクが取れる域には達していない。すごい投手であることは間違いありませんが、つけ込みどころはある、というところです」(野村氏)

発売中の『週刊プレイボーイ』43号では、打者としての大谷も検証。「ヒットならOKと割り切らないと抑えられない」と言われるほどの実力を検証しているので、是非お読みいただきたい。

(写真/小池義弘)

■『週刊プレイボーイ』43号「大谷翔平『エースで主砲で日本一』投打の勝負ポイントはココだ!!」より

関連記事(外部サイト)