ドラフト直前予想。桜美林・佐々木千隼が1位競合、最有力な理由

ドラフト直前予想。桜美林・佐々木千隼が1位競合、最有力な理由

運命のドラフトの行方は…

いよいよ10月20日(木)に迫った2016プロ野球ドラフト会議。

今年は大豊作とされ、高校・大学生いずれも投手に注目株が勢揃い! というわけで、本当の評価は? 競合する1位指名の行方は? 彼らを追い続けるスポーツ紙記者やスカウトたちによる座談会で探ってみた。

A=アマチュア野球担当記者 B=在阪球団若手(中堅)スカウト C=在京球団ベテランスカウト D=某球団スカウトOB

●今年は駆け引き無用のガチンコ勝負

 今年のドラフトは近年にない豊作という声も挙がっていますが、実際のところ、現場の皆さんはどう見ておられますか?

 投手に関しては確かに粒が揃っていますね。「10年に一度」と言っていいレベルだと思います。

 俗に「大谷翔平世代」と言われる大学4年生が逸材揃い。そこに、高校生にも即戦力に極めて近い力のある投手が加わって、どこの球団も1位をギリギリまで決められずにいる。

 各球団のスカウト幹部やGMを取材していてよく聞くのは「(1位指名は)今年1番いい選手でいく」という言葉。例年のような他球団の動向を見ながらの駆け引きというより、純粋に「ナンバーワン」を探しているように見えます。

 それはね、もし競合してクジを外しても、今年の場合は特Aクラスがまだ何人か残っているという計算もあるんだよ。

 だから、ハズレ1位でも競合してクジで負け、ハズレハズレ1位でまた負け…なんて二段落ち三段落ちのチームが出てくるかもしれませんね(苦笑)。あれは本当にスカウト泣かせらしいですから。

 指名の挨拶に行って、「最高の評価をしています」なんて、ハズレハズレ1位の選手には言えないもんな(笑)。本人や両親はそれでも嬉しそうなんだけど、横に座った監督の仏頂面を見るのが辛いよ。

A まずは1位指名候補をピックアップしていきましょう。今年の目玉、春先に「12球団競合もある」と注目を集めた田中正義(創価大)ですが、故障(右肩関節の炎症)もあって、評価が微妙になってきました。

 田中の取捨選択は本当に難しい。万全なら山口高志(元阪急)、野茂英雄(元近鉄)、上原浩治(元巨人)クラスの成績を残せる。今どきスピードガンで150km/hなんて驚かないけど、田中の真っ直ぐは「ゴォーーン」ってボールがだんだん大きくなってくるような感じなんだよ。

 剛腕、山口高志! 懐かしいですね。歳、バレちゃいますよ(笑)。秋のピッチングを見る限りでは、1番よかったと言われる2年春の状態に9割近く戻ったと見ていいでしょう。

 ただ、現状でよくなったとしても、あの豪快な投球フォームは逆に怖いよ。肩は高校時代からの古傷みたいなものだし。1年目から大活躍するかもしれないが、短命で終わるイメージもある。

 対照的にこの春、台頭してきたのが佐々木千隼(ちはや・桜美林大)です。都立高校(日野)出身という異色のキャリアで注目されていましたが、秋の首都大学リーグで東海大時代の菅野智之(巨人)に並ぶ53イニング連続無失点、年間7完封と記録づくめで、評価が急上昇しています。

 春の時点ではそこまで注目されていなかったので、あのクジが嫌いなことで知られる人気球団が単独1位指名を狙っていたらしいけど(笑)。残念ながら間違いなく複数球団の競合になる。田中よりも入札数は多いかもしれないぞ。

B 球速は150km/h近くまで出せるけど、むしろ投球全体のバランスがいいんです。ツーシームやカットボールのような小さく動く変化球を上手く使ってバットの芯を外させる。「勝てる投手」という印象ですね。

 大学の特別コーチで、あの桑田真澄(元巨人)や野村弘樹(元浜)といった元プロの一流投手の指導を受けてきたらしいから、彼らの影響もあるんだろうね。ただ、バランスという面では柳裕也(明大)が上かな。あのカーブは一級品だぞ。それに、強豪・浜高校出身らしく、打者を見ながら投げるという投球術を知ってる。1位でいく球団は、単独で獲れたらラッキーというのが本音だろうけど、さすがに競合するんじゃないかな。

 取材した印象では、柳は人間性もいいですね。大学JAPANで主将を任されていたけど、投手では珍しいですよ。チームの後輩にも慕われています。

B 田中が山口高志さんなら、佐々木は則本昂大(楽天)、柳が大学の先輩でもある野村祐輔(広島)というイメージですかね。

 この3人が「大学BIG3」と呼ばれていますが、これに続く大学生の特Aクラスといえば?

 黒木雄太(立正大)がいいね。チームが2部なので低く見られがちだが、レベルの高い東都リーグで今年のナンバーワン投手だろう。1位入札はないかもしれないが、ハズレ1位では必ず名前が挙がるはず。

 高校(橘学苑)卒業時も下位で指名を検討した球団があったんだ。でも大学で伸びたよ。ピッチングが力強くなってる。あのスライダーはプロで通用するボールだぞ。

◆後編では、高校生・社会人のドラフト候補を検証!⇒『ドラフト直前予想。各球団の“隠し球”は特A候補の陰に潜んだ逸材』

●発売中の『週刊プレイボーイ』44号では、「人力高校野球観戦部」&『野球部あるある』著者が“ドラ1”候補から“隠し球”までを大予想。そちらもお読みください!

関連記事(外部サイト)