<速報>25年ぶりVの広島・緒方監督が「最高に気持ちいい」

 広島が10日、東京ドームで行われた巨人戦に6−4で逆転勝利、25年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。就任2年目の緒方孝市監督(47)が東京ドームに7度舞い、この日、先発して6回を6安打3失点に抑えた黒田博樹(41)と新井貴浩(39)がナインに促され胴上げされた。黒田と新井は号泣しながら抱き合った。

 場内では恒例の緒方監督の優勝インタビューが行われた。以下は、その一問一答。

ーー今は、どんな気持ちですか?
「最高に気持ちよかったです。ありがとうございました」

ーー今日も逆転で勝ちました。
「今シーズン、ずっと戦ってきた戦いが今日もできました。選手が本当にがんばってくれました」

ーー黒田が打席で12球も粘りました。
「黒田は今シーズン、体が万全でない中、ローテを守ってくれて、マウンドで打席で闘志あふれるプレーで選手を引っ張っていってくれました」

ーー鈴木誠也も2本塁打。
「神ってますね、やっぱり」

ーー選手の成長をどう見ていますか?
「選手は、1試合、1試合力をつけて、たのもしい限りです」

ーー去年の悔しさをバネにしたシーズンでした。
「自分だけではないです。選手も悔しい思いから戦いを、厳しい練習を乗り越えてくれました」

ーーその選手にどんな声をかけたいですか?
「よくがんばってくれた。ありがとう!」

ーー広島のファンも25年間、待ちました。ファンの方々へ一言。
「広島のみなさん、全国のカープファンのみなさん、ほんとに長い間お待たせしました。おめでとうございます」

ーーここからは?
「残り試合をしっかりと戦ってクライマックスシリーズを戦い抜いて日本一を掴みとりましょう」