広島優勝。緒方監督の数奇な運命

広島優勝。緒方監督の数奇な運命

キャンプで指導する緒方監督(右)。FAで巨人に優勝していれば広島で胴上げを味わうこともなかった。写真・黒田史夫

 広島が10日、東京ドームで巨人を逆転勝利で下し25年ぶり7度目の優勝を決めた。先発の黒田博樹が踏ん張り神っている鈴木誠也が2本塁打、ジャクソン、中崎翔太という勝利の方程式でゲームを締めるという今季の広島を象徴するような戦い方。試合後、緒方孝市監督は「今シーズン、ずっと戦ってきた戦いが今日もできました。選手が本当にがんばってくれました」と、ベンチで貫いた“鉄仮面”を脱ぎ捨て絶叫した。

 宿泊先のホテルに戻って行われたビール掛けでは「25年前に一度だけ味わったけど、この味を忘れていた。選手にコーチにスタッフに感謝です」と、興奮を伝えた。

 就任2年目。優勝候補に挙がっていた昨季は4位に沈んだ。指揮官は見事な変化をチームに与えてマエケン無き後のチームを優勝へ導いた。だが、もしかすると、この瞬間が訪れてしなかったもしれない数奇な運命が緒方監督にはあった。黒田博樹と新井貴浩の復帰も運命的だが、緒方監督にもドラマがあった。

 現役時代、緒方監督は、トリプルスリーを狙える攻走守の3拍子そろった選手だった。1999年は開幕から本塁打を打ちまくり、初の3割36本塁打をマーク、4割を超える出塁率に5年連続のゴールデンクラブも獲得した。そのオフにはFA権を獲得。壮絶な争奪戦が繰り広げられたが、巨人の長嶋茂雄監督が、猛烈にラブコール。実際、水面下での交渉で巨人への移籍は決定寸前だった。

 FA制度は1993年から導入されたが、1994年の左腕・川口和久の巨人移籍を皮切りに、パ・リーグの複数球団とセ・リーグでは広島がFAの草刈場だった。親会社を持たない独立採算制の広島は、現在の経営状態と違い、払える年俸の限度が決まっていて、FAを希望する選手を引き止める条件にも限界があった。実際、チーム方針も、出ていく選手をお金で引き止めることはせず、若手を育てるというものになっていた。

 だが、悩み続けた緒方監督は、寸前でチーム残留を決めた。1996年に結婚していた元グラビアアイドルの中條かな子さんが広島出身のため、彼女の要望を聞いたという話もあるが、私の取材では、キーマンとなったのは故・村上孝雄(旧姓宮川)スカウトだった。
   

 村上スカウトは、九州地区担当の名スカウトで、200勝した北別府学、炎のストッパー、故・津田恒美、2000本安打の前田智徳らを発掘した人で、緒方監督も佐賀県立鳥栖高時代は甲子園出場もなく青学への進学が内定している二塁手だったが、「俊足強肩」、そしてその顔つきを見て判断するという村上スカウトが獲得を主張して、1986年にドラフト3位で指名している。

 プロ入り後は、2軍時代から、親代わりに面倒を見続け、オフには緒方監督ら獲得した選手を自宅に招き鍋をつついていた。その村上スカウトが、FA移籍に悩める緒方監督を呼び、こう諭したという。
「決めるのはお前だ。だが、おまえは将来、広島を背負っていく宝。広島でプレーを続けて、もう一度、チームを優勝させてみてはどうだ。選手が揃ったチームで優勝して喜べるか?」。

 緒方監督がFA残留を宣言するのは、村上スカウトとの会談後だった。ちなみに緒方監督にふられた巨人は、江藤智にターゲットを変え、江藤がFAで巨人に移籍した。

 その父と慕う村上スカウトは、今年1月8日、帰らぬ人となった。79歳だった。
 危ないと聞いていた緒方監督は、元旦に北九州の病院を見舞いに訪れ「オフに優勝を報告します」と誓った。今季からヘッドコーチに就任した高信二コーチも福岡の東筑高出身で故・村上スカウトが獲得した選手だった。その葬儀・告別式では緒方監督が弔辞を読んだ。

「もうすぐキャンプです。今季の戦いが始まります。オフには、村上さんにいい結果を報告ができるように、精一杯がんばります。大好きなビールを飲みながら天国から見守ってください」
 
 あのとき、村上スカウトの説得がなければ、緒方監督が広島の監督として胴上げされ、東京ドームに7度舞うこともなかっただろう。FAで移籍していたかもしれない巨人戦での優勝決定も、考えれば数奇な運命である。緒方監督は、優勝を村上スカウトの墓前に報告するという。

 (文責・駒沢悟/スポーツライター)