今オフのFA戦線に異常あり?!糸井、陽、平田、大島、岸らはどこへ?

今オフのFA戦線に異常あり?!糸井、陽、平田、大島、岸らはどこへ?

表:今季の主なFA選手

 セ・リーグは広島が優勝を決め、パ・リーグは優勝争いが熾烈だが、クライマックスシリーズ出場チームもほぼ見えてきた状況となり、早くも水面下でストーブリーグがスタートしている。各球団の補強は、新外国人、ドラフト、FAの3本柱だが、今オフは別表のようにそのFA市場が活発化している。とくに昨年オフは、賭博問題などで大型補強を“自粛”していた巨人が積極姿勢を打ち出していることが、昨年と違い活況という異変を生み出している原因と考えられている。

 目玉は、オリックスの糸井嘉男(35)だろう。昨年は大スランプに陥っていたが、今季は肉体改造に成功して見事に復調。13日は日ハムの大谷翔平の164kmの日本最速球をタイムリーで打ち返し、15日の日ハム戦ではプロ初の1試合3本塁打を記録するなど、上位チームいじめは存在感を示している。盗塁51個も立派。年齢面での不安は一切ない。巨人、ソフトバンクの資金力に余裕のある2チームが、すでに調査に乗り出している。

 シーズン中には、糸井の移籍先として、ソフトバンク最有力の情報が流れていたが、ここにきてソフトバンクが狙っているのは、糸井ではなく日ハムの陽岱鋼(29)という情報も漏れてきた。

 台湾出身の陽だが、高校時代は九州の福岡第一高校で過ごし、2005年のドラフトではソフトバンクに1位指名された。クジを外して日ハムに取られたという経緯があり、陽自身も福岡という街には愛着があり、現在、家族が暮らしている台湾とも札幌より距離的に近いという利点がある。

 柳田の故障で痛い目を見たソフトバンクにしてみれば陽は魅力だろう。

 だが、その一方で、ある代理人はこんな話をしていた。
「陽は、まずメジャー移籍を考えていると聞いています。ポスティング移籍となるので、額は大きくないでしょうが、チームにとってはFAで出ていかれるよりメリットがあるでしょう。攻走守の3拍子がそろっている選手なのでメジャー契約も取れるんじゃないでしょうか」

 元々、陽は、将来のメジャー移籍の夢をずっと語っていた。しかも、ソフトバンクでプレーしていた兄の陽耀勲投手が、メジャー挑戦を経験していてルートも問題がない。

 糸井、陽と共に動きそうなのが中日の平田良介(28)、大島洋平(30)の2人だ。

 2人共に、落合GMとの契約更改で、これまで納得のいかない“遺恨”を残してきた。その落合GMの支配力が衰えず谷繁監督が途中解任された現状を目の当たりに見ているだけに、なおさら条件次第ではFA行使に躊躇はないと見られている。

 大島は、15日、中日の条件次第ではFA宣言する可能性があることをメディアにほのめかした。平田は、楽天の松井稼頭夫と同じ代理人と契約。FA移籍への窓口も作った。

 両者に関してはV奪回へ本気のヤクルトが興味を示している。今季はオリックスから移籍した坂口智隆が打率.296、71得点の大活躍をして課題だったセンターのポジションを埋めてくれたが、途中、外野では雄平、内野では畠山、川端が故障離脱すると一気に戦力ダウンするなど、野手の選手層の薄さを露呈した。投手力強化が一番のテーマではあるが、野手の強化にも本気だ。
   

 また投手では、3年の複数年契約が切れる西武の岸孝之(31)、横浜DeNAの山口俊(29)の2人に注目が集まっている。岸に熱心なのが楽天。宮城県仙台の出身で宮城県名取北高、東北学院大でプレーしてきた地元出身で、先発陣のテコ入れが急務の楽天にとっては、喉から手が出るほど欲しい投手だ。

 また横浜DeNAの山口も、今季11勝5敗、防御率2.86と初の2桁勝利に乗せ、大補強に乗り出している巨人にとっては魅力のある存在。一説によると、当初、山口と同時に岸の調査に動いていた巨人が、岸に関しては楽天濃厚の気配を察知して、山口1本に切り替えているとも言われる。

 しかし、来季新体制で再建に臨む西武は、岸に再び複数年を持ちかける考えで、初のクライマックスシリーズ進出が見えてきた横浜DeNAも、池田社長が、「もう出ていかれる球団ではなくなってきた」というほどの引き止め条件を用意している。この2人に関しては所属球団の残留交渉も鍵を握りそうだ。

 昨年オフのFA移籍は4人だった。ロッテから楽天へ移った今江敏晃(33)、中日から阪神へ、中継ぎ左腕、高橋聡文(33)、西武から巨人へ出戻りの脇谷亮太(33)、そして広島の木村昇吾(36)はFA宣言したものの移籍先がみつからず、結局、テスト生という形で西武へ。一番の大型移籍となった今江は、キャンプイン前に故障で出遅れ、途中、不振で2軍落ちするなど苦しんだ。阪神の高橋が53試合登板、19ホールドと中継ぎ陣を救う活躍を見せて、成功の部類には入るだろうが、防御率3.79はいただけない。FA補強を成功させることの難しさを改めて知らしめてしまった。

 自前の選手を育てることで優勝を手にした広島に比べると、FA補強には球団にも移籍を決断する選手にとっても大きなリスクを伴うが、チームとファンに勝利の期待感を高めるための醍醐味があるのも事実。またチームが刺激を受けて変革のきっかけをつかむ場合もある。

 FAの有資格選手は、日本シリーズ終了した翌日から7日間以内がFAの行使期限。NPBにFA宣言選手として公示された翌日から全球団との契約交渉がスタートすることになる。およそ1か月半先の期限まで水面下での熾烈な情報戦が熱を帯びることになる。

 (文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)