大谷、藤浪が再燃させた160km時代 球場によってスピードが違うって本当?

大谷、藤浪が再燃させた160km時代 球場によってスピードが違うって本当?

表 160km以上を記録したピッチャー

「160」の数字が、連日、スポーツメディアを騒がしている。日ハムの大谷翔平(22)が13日、札幌ドームでのオリックスで自らが持っていた日本最速記録を更新する164kmをマークすると、14日には、大谷と同年代の阪神、藤浪晋太郎(22)が甲子園での広島戦で自己最速となる160kmを叩き出した。だが大谷は、そのボールでオリックス、糸井嘉男(35)のバットをへし折りながらもライト前へ2点タイムリーをされたし、藤浪は、この回2失点して、また勝ち投手の権利を逃した。

 試合後、金本監督は、「アウトローは甲子園は出やすいから」と160kmが出たことを大きなトピックスとして捉えなかったが、160kmを超えるボールがなぜ打たれるの議論の前に、甲子園で掲示された160kmの数字が、本当に正しいのかどうかのそもそも論がある。

 現在、プロ野球の全球場がファンサービスのためにスピードガンを表示しているが、金本監督が指摘するように、球場によってそのコースによっても「出る」、「出ない」の差異が生じているのだ。
 
 元千葉ロッテの評論家・里崎智也氏も「スピードガン表示の数字が数kmプラスで出ているように感じるのは、甲子園、神宮、コボスタ宮城の3つ。比較的出ないのが、西武ドーム。正確な数字に近いと感じたのは東京ドームと千葉マリンです」と言う。
 
 日本のスピードの測定は、通称「スピードガン」と呼ばれる機器で行われて、スピードガンから電磁波をボールに照射して、跳ね返ってきた電磁波を受信し、いわゆるドップラー効果による周波数の差を測定することによりボールの速度を測定している。電波波をボールにぶつけるため、ピッチャーの真後ろから計測する必要があり、各球場のバックネットの一部に取り付けられているが、その取り付け位置によって、照射の角度が微妙に違い、ピッチャーが投げるコースによって、「出る、出ない」の差異が生まれるわけである。

 阪神で長年チーフスコアラーをしていた三宅博さんも「神宮の低め、京セラドームのアウトコースの高めが2、3kmプラス。甲子園は外角低めだけが、2、3km増し。東京ドームと西武ドームが正確だったが、比較的、出ないとされている横浜スタジアムでもマシソンが160kmを出したことがある。ああいうリリースからボールに角度のあるストレートを投げる場合は出るときもある」と言う。
   

 三宅さんが阪神時代は、スコアラーのデータが球場の表示の誤差で狂わないように、オープン戦の段階で、手持ちのスピードガンで、全球場で一通り計測を行い、正確な数値との差異を確認しておき、選手にデータを渡す際には「出る」とされている球場のものは、そこから2km、3kmを引いて修正しておいたという。
 
 表を見てもらえればわかるが、160km以上を記録した過去の6人のうち、2人が神宮で記録しているのは単なる偶然ではないのかもしれない。ただ、角度などの問題で差異が生じても、スピードガンは正確な数値以上は出ない、とされている。

 メジャーリーグでは球場によってスピードガン表示が違うという点が問題視され、現在、全球場に「PITCHf/x」と呼ばれる、3方向からカメラで解析するシステムを設置、導入した。このシステムでは、初速、終速、球の回転数、球筋、リリースポイントなどのあらゆるデータを取得することが可能で、より正確なデータを弾きだすことができる。それでも、まだ球場によって差異があるというから、永遠に解決できない問題なのかもしれない。

 ちなみに、この「PITCHf/x」や、それに似た分析装置が、日本では、ヤフオクドーム、楽天のコポスタ宮城、最近では横浜スタジアムにも設置され、チームのスコアラー活動、戦術、戦略に利用されている。昨年のヤフオクドームで行われたクライマックスシリーズ、日本シリーズでは、テレビ放送にこのデータが使われた。チームの戦術、戦略に利用するためには、正確なデータが必要だろうが、ファンサービスの意味合いをこめた球場のスピードガンは、多めに出たほうが、ファンには楽しみが増えるのかもしれない。

 最後に、中日のレジェンド・山本昌氏が語っていたスピード論を記しておきたい。

「現役時代には、確かに球場によってスピードは出たり、出なかったりしていた。僕は大谷のように160kmを投げることはできなかったが、重要なのはスピードガンの数字ではなくストレートの質。いかにバッターが打席で速く感じるか。全盛期の藤川球児のような浮き上がるストレートをイメージしてもらえればいいと思うが、回転や、リリースの位置によって、ストレートの質というものが高まってくる。またその質のいいボールを平均して投げることができるのか、どういう場面で投げることができるのか、ということも重要。僕のように配球で、速く見せるという投球術もある。若い投手にはストレートの質にこだわって欲しい」