超変革に逆行? 遅すぎた阪神のFA補強戦略に賛否の声

阪神タイガースが超変革路線に逆行しFA戦線への参戦を決定 ファンからは賛否の声

記事まとめ

  • 4年ぶりのBクラス転落が決定した阪神タイガースが遅れてFA戦線への参戦を決めた
  • 若手を育てるという超変革路線からの転換に、ファンからは賛否両論が巻き起こった
  • 外野のFA補強を見据え、福留の一塁コンバートや中谷の三塁コンバートも検討中だという

超変革に逆行? 遅すぎた阪神のFA補強戦略に賛否の声

超変革に逆行? 遅すぎた阪神のFA補強戦略に賛否の声

FA補強戦略で阪神が推し進めた超変革は台無しになるのか?

 4年ぶりのBクラス転落が決定した阪神が遅ればせながらFA戦線への参戦を決めた。すでに複数のスポーツメディアが報じているが、筆者の取材でも、オリックスの糸井嘉男(35)をメインターゲットに、同時に日ハムの陽岱鋼(29)、中日の平田良介(28)、横浜DeNAの山口俊(29)、楽天の嶋基宏(31)らの調査を一斉にスタートした。

 巨人、ソフトバンク、楽天らは、6月には水面下で動き出していたから、阪神のアクションはずいぶんと遅い。その理由はフロントの準備不足と、金本監督が当初、若手を育てるという超変革路線を来季も継続する考えでいたからだ。だが、ここに来ての大きな方向変換。阪神ファンの間では「今年の超変革は何だったのか」「巨人と同じことをするな」「補強は正しい手法」という賛否が巻き起こっている。

 投手に関しては、長いシーズンを戦い優勝を手にするためには資金力があるのならば何人を補強しても困ることはない。ファンの批判を受けることもない。だが、野手のFA補強に関して言えば、8人という限られたポジションのひとつを明け渡すわけだから少し事情が違う。

 今季、ルーキーの高山俊(23)が、リーグナンバーワンの得点圏打率を残すなど、レギュラーの一角を奪い取り、6年目の中谷将大(23)も、60試合、打率.265、4本、14打点の数字ながら1軍にしがみついている。1、2軍をエレベーターしたが、来季以降を見据えてチャンスを与え続けた江越大賀(23)、4月には高山とのコンビで旋風を巻き起こした横田慎太郎(21)も次世代の外野手として控えている。

 金本監督がせっかく種を蒔いたその外野に、糸井や平田を獲得して、福留孝介(39)、高山に続く、外野の残り1枠を埋めてしまう補強をしてしまえば、この1年の「超変革」に逆行することになるのではないか、という議論が起きるのは当然だろう。

 和田前監督ができなかった大胆な若手抜擢があったからこその「超変革」。それを評価してBクラスに落ちたことを黙認してきたファンの我慢は何だったのか、ということになる。本来、手厳しい関西のメディアも含め、来季への期待値をこめて、大目に見てもらっていたのである。だが、その我慢の1年を無にするようなFA補強に乗り出すとなると話は変わってくる。

 元ヤクルト、西武で監督を務めた広岡達朗さんも、スポーツライターの駒沢悟さんの取材に対して「広島の優勝が示した意義を阪神や巨人は考えるべきだ。フロントがぶれないビジョンを持ち、自前の選手を辛抱強く育てる。そして、それを教えることのできるコーチを育てる。出来上がってきた選手をFAで取ってきて勝つことを続けていては、チームに伝統は生まれないし、常勝軍団を作ることはできない」と答え、阪神のFA戦略に対しては否定的だった。
   

 ただ1年を戦った感触として「高山に続く第2の生え抜きが、まだ来季は戦力にならない」と、現場とフロントが判断したのならば、それはそれで、ひとつの考え方として支持はできる。

 今季は「打てずに負けた」ゲームが目立った。チーム打率、打点、得点、いずれもリーグワーストで、結果は最下位転落の危機さえあるBクラス。中継ぎ、抑えのブルペン強化と共に、打線の強化が大きなテーマである。打線強化には新外国人を獲得予定だが、そこはあくまでも未知数。来季は、優勝争いすることが金本監督に課せられた命題となると、FA補強に走るのは必然の手で、ファンの期待に結果で答えるためのフロントの努力とも評価できる。今季の「超変革」があってこそ、来季勝負をかけるための戦略変更が生まれた、と前向きに捉えることもできるだろう。

 また外野のFA補強を見据え、福留の一塁コンバート、中谷の三塁コンバートなどが検討されているという話もある。FA補強で今季の超変革が台無しにならないように考慮した大シャッフル案である。

 もし糸井が取れるならば53盗塁の機動力を使えるのは大きな魅力で阪神に足りないピースであることは事実。専属トレーナーと契約してトレーニングを継続していて、フィジカル面でも衰えはない。しかもここにきて、脅威のペースで本塁打を量産している。だが、左打者絶対不利の甲子園に本拠地が変われば、戸惑うことは必至だろう。今季の交流戦の成績も、打率.231、1本、7打点と低迷している。投手のレベルはセ・リーグが落ちるが、ゾーンを上手く使うセ・リーグの配球にも手を焼くのかもしれない。

 最終的にはマネーゲームとなるのが昨今のFA市場だが、早い段階で“固められた選手”には、他球団が手を出しにくいという傾向もある。巨人、ソフトバンク、楽天の水面下の動きは6月から聞こえてきた。阪神は“上”からGOサインが出ていなかったため、現場レベルではできる限りの調査は進めても、そこから先に踏み込むことができず、ここまでまったくの手つかずだった。出遅れたことが原因でFA補強に失敗することがチームのためになるのか、それともFA補強の成功が来季の優勝争いにつながるのか。

 (文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)