横浜DeNA三浦が引退会見 背番号「18」は準永久欠番

横浜DeNAベイスターズの三浦大輔が引退会見 背番号「18」は準永久欠番に

記事まとめ

  • 横浜DeNAの三浦大輔投手兼投手コーチが今季限りで現役を引退することを発表した
  • 球団は三浦の背番号「18」を「横浜ナンバー」と名づけて準永久欠番とすることを決定
  • チームの象徴となる存在がつける番号とし、適任者が現れた場合は球団が三浦と協議する

横浜DeNA三浦が引退会見 背番号「18」は準永久欠番

横浜DeNA三浦が引退会見 背番号「18」は準永久欠番

三浦はスーツ姿にリーゼントを決めて引退会見に臨んだ。

 横浜DeNAの三浦大輔投手兼投手コーチ(42)が20日、横浜市内のホテルで記者会見を行い、今季限りで現役を引退することを発表した。会見に同席した高田GMの説明によると、三浦は16日の阪神戦(甲子園)で先発4回3分の1を投げて2失点で負け投手となったが、試合後、ホテルで池田社長、高田GM、ラミレス監督と4者で会談の席を持ち、三浦が今季限りでの引退を申し出た。高田GMは「チームにとっては柱を失う、大きな痛手だが、悩んで、いろんな方に相談をして出した決断。了承するしかなかった」という。

 また球団は三浦の功績に敬意を表して背番号「18」を「横浜ナンバー」と名づけて準永久欠番とすることを決定した。プレー、振る舞いともにチームを牽引する、チームの象徴となるべき存在がつける番号として定義。今後は、後継者となるべき選手が出てくるまで欠番として、適任者が現れた場合、球団と三浦が協議の上、継承することになる。

 三浦は、この日の引退会見で、「96年頃から球団につけさせてくれと伝えた番号。98年から、横浜のエースを18にすると思ってつけさせてもらいました。背番号の重みをわかってもらえる選手に、つけてもらいたいですね」と、“横浜ナンバー”についての思いを語った。

 三浦は1991年に奈良の高田商業高からドラフト6位で横浜大洋ホエールズに入団(1位は東北福祉大から斉藤隆)。最初の背番号は「46」だった。エースとしてリーグ優勝を経験した1998年から背番号「18」に変更、プロ14年目の2005年に初のタイトルとなる最優秀防御率、最多奪三振を獲得した。横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズと、経営母体が変わっても、横浜一筋を貫き、プロ25年間で534試合に登板、通算172勝183敗、平均防御率は3.58。23年連続勝利は、プロ野球タイ記録で、7月11日の中日戦で記録した24年連続安打は世界記録としてギネス認定された。

 “引退試合”として24日に本拠地で行われる巨人戦に先発する予定で、そこで工藤公康、山本昌と並んでいるタイ記録から抜け出す24年連続勝利記録へ挑戦することになる。
 
 以下は、引退会見での主な一門一答


ーー引退を決断した理由は?

「勝てなくなったから。引退という文字は数年前からあった、もっとできる、まだ勝てる、と思ってプレーを続けてきたが、先発で勝てなくなったら、やめる、と決めていた。7月(先発した中日戦)に打たれて、8月まで声がかからず、そこまでに気持ちは固まっていた。ただ9月の頭に甲子園での先発を言われたので、真剣に勝負したかったので、まだ(球団には)伝えないでおこうと考えていた。勝とうが、負けようが、今シーズン限り。言いたいけど言えない、モヤモヤはあった」

ーー家族への相談は?

「家族にも話をしたが、女房も子供も残念がっていた。まだできると。でもプロの世界は厳しい。最終的には自分で決めた」

ーーチームメイトには?

「昨日の試合後に、ナインに伝えた。(引退)会見前にみんなに言いたかった。CSが決まってほっとして喜んでいるロッカーで言うにも、どうかなと思ったが、伝えられてよかった。ただ、途中から自分でも何を言っているか分からなくなった(笑)。本当ですか? やめないでください、と言われて、それはそれで嬉しかった」
   

ーーまだできるのでは?

「まだできるとは思うが、どこかでケジメをつけなければならないと思っていた。チーム状況を考えながらも、8月まで勝てなかったというのが大きかった。自分で、どこかで決めないといけないな、甘えちゃいけないなと、勝てなければやめると決めていた。最終的にはそこにたどり着いた」

ーー25年間、投げ続けることができた理由は?

「まさかプロに入ったときに25年間もやるとは思っていなかった、1年、1年、勝負と思ってやってきた。打たれたら悔しい、もう負けたくない、勝ちたい、その気持ちがあったからこそ、苦しい練習ができた。勝ったら、たくさんのファンが喜んでくれた。あそこでもう一度喜びたい、そういう気持ちで25年続けた」

ーーたくさんの指導者との出会いも?

「たくさんの監督のもとでやらせてもらった。野球だけでなく人としても勉強させてもらった。プロに入った1年目にピッチングコーチの小谷さん(現千葉ロッテ2軍コーチ)と知り合ったのが、三浦大輔の第一歩。“おのれを知れ! どういうタイプか、この世界で生きるのはどうすればいいのか?”と教えられた」

ーーそれが25年間を支えた?

「その言葉を胸に、勘違いしないように、自分はどういうタイプで、どうすれば抑えられるかを常に考えてやってきた」

ーーそして実績を積み重ねた。

「ボールが速いわけでなく、凄い変化球があるわけでもなく、よくやってこれたなあ、とは思う。球が速くなくても、プロでできるというところを見せたかった。勝ったり、負けたり、結果的に負けが多かったが、周りに支えられて、突っ走ってこれた。感謝の気持ちでいっぱい」

ーー勝つための投球術も身につけた?

「あったら教えてほしかった。練習しかない。へたくそがうまくなるには練習しかない、もっとうまくなりたい、もっとうまくなりたいとやってきた25年」

ーーリーゼントがトレードマークだった。

「この髪型が単純に好きなだけ。プロに入って、何十人と選手がいる中、何か目立ちたい、注目されないと使ってもらえないなと。こだわってやってきた。ただ、野球に対しては、ちゃんとやるぞという気持ちをずっと持ってやってきた」

ーーリーゼントも引退と同時に卒業?

「卒業しません。できる限りやり続けたい」
   

ーー25年間で一番の思い出は?

「ひとつに絞れないが、98年に優勝したときに、すべてが報われた。1年のしんどかったことが吹き飛んだ。最高に嬉しかった」

ーー印象に残る勝ち星は?

「150勝(2012年7月4日の巨人戦)のときは、僕自身が嬉しかったが、それ以上にファンの方が喜んでくれた。それを見て嬉しかったことを覚えている」

ーーライバルと記憶に残る被本塁打は?

「ライバルはいっぱいいるが、たくさんの打者と対戦することで自分も成長できた。打たれたホームランの記憶? 初完封できるかというところで、金本さんに打たれたとか、名古屋での開幕戦でのサヨナラ満塁ホームランとか、ハマスタでのプレーボール直後に打たれたとか、いっぱい出てくる」

ーー今と昔の違いは?

「98年は98年の良さがあった。チームでの立ち位置が違う。何年か前のハマスタは、あんなにお客さんが入っていなかった。ガラガラで苦しいときがあったからこそ、今のハマスタを見ていると嬉しい。満員のお客さんの前でプレーできていることは、プロとして最高のことだと思う。いいチームにしたいと思って、FAで横浜に残り、小さな力だが、横浜が変わっていくのを見てきて嬉しく思う」

ーー若手に伝えたいものは?

「ベンチで見ていても、若い選手が頼もしく見えてきた。一人では、どうしようもないのが野球。みんなで力をあわせると勝てるのが野球。やるだけのことをやっても相手はプロなんで打たれることもあるが、一人じゃない。苦しくなってもチームメイトが後ろで守り、ファンも応援してくれる、しっかりと準備してグラウンドに立つ責任の重さを忘れずに、みんなでつないで、ひとつの勝利に向かってもらいたい」

ーー今後の人生プランは?

「特に決めていない。現役は卒業だが、野球からは卒業しない」

ーー将来監督として戻りたい?

「将来的に指導者の道は夢としてある。もっともっと勉強しないといけない。将来は横浜に戻ってきたい」

ーー最後の登板となる24日の巨人戦は?

「勝ちたい。今までどおりに準備してマウンドに上がって、一生懸命、チームが勝てるように精一杯投げるところを見て欲しい」

ーーあなたにとってファンとは?

「三浦大輔にパワーをくれる存在。どれだけ助けられたか。お客さんが少なくて苦しいときもあったが、どんなときも見捨てずに応援を続けてくれた。最下位でも、きょうこそは勝つと、信じてくれた、勝てないとき、グラウンドにものを投げられたが、一緒に苦しみ、喜んでくれた。一緒に戦ってくれたチームメイトだと思う。本当に感謝している。
 優勝は果たせなかったが、若い選手も出てきて、CSにも出場できて、チームは成長してきた。これからも応援して欲しい。僕も横浜を離れることがないので、もっともっと上に行けるようにがんばっていきたい。25年間、熱いご声援をありがとうございました」