横浜DeNAの球団初のCS出場の背景に革新的経営力

横浜DeNAの球団初のCS出場の背景に革新的経営力

今年1月にはスタジアムの経営権をTOBで取得。今後さらに、改革が進む

 横浜DeNAは、すでに初のクライマックスシリーズ進出を決めているが、2位の巨人に1.5差と猛追。残り2試合しかないが、逆転2位、CSの本拠地開催へギリギリの望みをつないだ。

 DeNAが球団を買収して5年目。アレックス・ラミレス監督(41)を新監督に迎えて成し遂げた悲願のCS出場の背景には、マーケティングと企画力で、毎試合、スタンドを真っ青に埋め続け、選手のモチベーションをアップさせた革新的な経営力があった。池田純社長がリーダーシップを発揮しての営業努力である。

 CS出場を決めた広島戦は、試合前からずっと雨が降りしきる中、2万7001人の観客動員をマーク、今季の主催試合の観客動員数が球団史上最高の188万2257人になった。買収前の2011年には110万2192人だった観客動員が、大幅アップしただけでなく1998年に横浜が日本一になった年の185万7000人を上回った。

 今季限りで引退する三浦大輔は、冬の時代を知る一人だが、「昔はスタンドがガラガラの苦しいときもあった。今は連日満員で、ファンが最高の雰囲気を作ってくれている。本当に感謝したいし、その応援にチームは後押しされている」と断言していた。勝利インタビュー後に、お立ち台では必ず「アイラブヨコハマ!」と叫び、地元横浜との距離を縮めた。マツダスタジアムを真っ赤に染めたファンが、25年ぶりの広島の優勝を強烈にバックアップした現象との共通項がある。数値化は難しいが、三浦が証言するように満員のスタジアム、人に見られて実力以上の見えない力を発揮するのが、プロの世界なのである。

 そして、その“空気”を作ったのが、池田社長が中心になって旗を振ったフロントなのだ。

 買収当初は、スタジアムとの経営母体が別だったため、ボールパーク化を進めることに限界があったが、「イニングの合間にトイレにいく時間がない」と言われるほど、Tシャツボールを投げ入れたり、ダンスで楽しませたりと、多彩なイベントを演出。これまでは、ろくに行われていなかった「誰が球場に来ているのか?」のファンの顔を知る細やかなマーケティングを徹底的に実施して「アクティブサラリーマン」と命名した20代後半から40代前半の男性サラリーマンにターゲットを絞りアプローチ。公式ファンクラブを倍に増やし、出来栄えのいいレプリカヘルメットやキャップ、各種ユニホームを配る企画、アイデア、イベントを次から次へと用意して、球場外には夏季にビアガーデンまで作った。

 ついに今年1月にはスタジアムの経営権をTOBで取得、球団、球場の一体経営を実現させ、さっそく球界初のオリジナル醸造ビールの製造、販売まで手がけて、億単位での利益を出すことにまで成功した。今後は、さらに球団、球場一体化の利点を生かした改革を進めるという。

 チームは、この4年Bクラスに低迷したが、観客動員は右肩上がりになるというスポーツビジネス上では異例の経営良化に成功、年間20億円とも言われた赤字も、徐々に黒字化していったのである。

 池田社長が変えようと心がけてきたのが“空気感”である。

 夏には「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」というスタジアムを青に染める恒例のイベントがあるが、毎年、 テーマ曲をチーム状態に合わせて変えている。「5人に3人が知っている曲を使い、100人に一人が気がついてくれればいいんです。そういう色んなタッチポイントを作って球場に来てもらうきっかけにしてもらえればいいんですよ」と池田社長は語っていたが、観客誘導のきっかけとしてだけでなく、スタジアムの空気、ひいては、チームの空気を変えたいという奥深い狙いもあったのである。

 何も観客動員のアップだけで“空気”を変えたわけではない。
 
 アレックス・ラミレス監督の招聘に代表されるチームマネジメントについてもフロント力が如何なく発揮された。池田社長は、以前の取材で「決してラミちゃんのイメージの残るパフォーマンス型監督として、呼んだわけではありません。異国である日本で、生活環境や野球の違いに順応して、あれだけの結果を残した人です。こういう人は孤独に強いんです。経営者と同じ。ラミレス監督は、負けてもぶれずに暗い空気を作りませんでした。そこにも期待をして監督招聘したわけです。4月に負けが込んだときに《いつか参った顔をしてしまうんじゃないか》と見ていましたが、その姿も見せずにぶれない姿勢をつらぬきました。
 勝ったときは、何も言わない方がいいんです。コーチングがうまくいっているなら放置、駄目なところだけにマイクロマネージメント(部下への強い干渉)をすればいいんです。それができています。勝っているときは、グッドジョブで終わり、負けているときは、《あそこはどう考えていたんだ?》《なぜああなったんだ?》と、問題、原因に干渉しながら対応策につなげていく。ラミレス監督は、理想的な経営者に近いマネージャーだと思って見ています」と語っていた。

 フロントも、最新兵器を持ち込んで現場をバックアップ。ピッチャーのボールの回転数まで細かくチェックできるレーダーによる分析装置を導入して、例えば、ドラフト1位のルーキー、今永の疲労度などのチェックに使い、ラミレス監督はそのデータを用いて、途中、2軍での調整期間を作ったりもした。

 また、この5年間のドラフトでは、高田GM、吉田編成・スカウト部長が中心となり、「一番いい選手を取る」という方針を貫き、即戦力と中長期の展望を考えながら着実に戦力を積み上げてきた。
   

 ラインナップを見ても、1番の桑原は、横浜DeNA元年のルーキー(ドラフト会議はDeNAがTBSから経営権を譲渡される前に行われている)、宮崎は4年目、ショートに定着してブレイクした倉本は2年目、開幕マスクをかぶる抜擢を受けた戸柱もルーキーだ。中日の落合GMが狙っていたという即戦力捕手に目をつけた横浜DeNAのスカウト陣の眼力の賜物。先発ローテーションを守った両左腕の今永、石田は、2015年のドラ1、2014年のドラ2で、2014年のドラ1の山崎がストッパーの座を守り、いずれもこの2年の上位指名の即戦力投手が成功している。井納にしても、実質、横浜DeNAのドラフト初年度の3位だ。

 またロペスにしても、早々と2018年までの契約を結ぶなど、編成の動きに隙はない。成功、失敗は別にして、シーズン途中に新外国人のロマックが通用しないと判断するとエリアン、中継ぎ強化にザガースキーを獲得するなど、醸造ビールで稼いだ“ビールマネー”を、どんどん補強に回すという余裕も生まれてきた。

 経営の成功をチームの補強に還元、しいては、それが、ファンへの還元になるというスポーツエンテイテメントビジネスの基本を守る好循環である。その好循環が、組織間に生まれ、結果につながってくると、フロントと現場の信頼関係も高まってくる。

「いい流れになっているとは思います。もはやファンの方々に“ベイスボール”“横浜クリニック”と残念がられてきたような野球はやっていません。上位と肩を並べるくらいのラインには来ています」
 
 池田社長は、こうも語っていた。

 今年は、スタジアムのTOB元年。次から次へと球界初の試みを実現してきた池田社長は、もちろん新たな仕掛けを準備している。次の目標はCS突破、来年は、今年の土台を下地に優勝を狙う。革新的な経営力に支えられた横浜DeNAの黄金時代は、ここからスタートするのかもしれない。

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)