どうなる?ソフトバンクvs日ハムの最後の頂上決戦!

どうなる?ソフトバンクvs日ハムの最後の頂上決戦!

大谷が頂上決戦のキーマンだ。写真・黒田史夫

 ソフトバンクがゲーム差ゼロで本拠地、ヤフオクドームに日ハムを迎え、今日21日、明日22日と最後の直接対決を戦う。ソフトバンクが先勝すれば、マジック「8」が再点灯、日ハムが連勝すれば、逆マジック「6」が点灯する。その初戦にソフトバンクは、12勝2敗の千賀が先発。一方の日ハムは、大谷が先発する。大谷が“リアル二刀流”で出場するか、どうかは明らかにされていないが、両チームにとって優勝の行方を決める最後の頂上決戦となる。
 
 ここまでの両チームの直接対決の成績は、日ハムの13勝9敗1分。対チーム打率は日ハムの.242、ソフトバンクの.240と大差はないが、得失点は96得点73失点で、日ハムが上回っている。

 本塁打数も日ハムが28本でソフトバンクが17本。併殺打も日ハムが6本でソフトバンクが14本。このあたりの差が、得点力の差になっていて、裏返して、対チーム防御率も、日ハムが2.95、ソフトバンクが3.91。日ハムは7月1日からのヤフオクでの3連戦で3タテを実現したが、有原ーバース、大谷ーマーティンで2試合連続完封リレー勝利したことが大きく防御率に反映されている。

 ちなみに、この7月3日の試合に、栗山監督は、「1番・投手・大谷」のサプライズ起用をして、その第一打席で大谷が先頭打者アーチを放ち、ソフトの度肝を抜いた。
 
 さらに日ハムは、今季ヤフオクでは、7勝3敗と分がよく、チーム打率も.265と跳ね上がり、犠打成功率は10割を誇る。クオリティスタート率も60パーセントとなっている。
 データ的には日ハムが若干有利と出ているのだ。
 
 元千葉ロッテの評論家、里崎智也氏は、「大谷の起用法が、この2連戦のポイント」と見ている。

「大谷が先発の初戦にDHを使うのか、それとも二刀流で打たせるのか。そこが勝敗を分けるかもしれない。DHを使わないのであれば、大谷に球数制限はつけられない。できるだけ長いイニングを投げなければ、大谷を打線に入れている意味がない。もしまだどこかに不安があって、継投を意識して、DHを使うのであれば、大谷抜きの打線の得点能力は間違いなく下がる。
 そして22日の2日目はデイゲームである。ナイター→デイのきついスケジュールで先発した翌日に大谷がDHで力を発揮することができるのか。不安点も残る。ベンチは、どういう起用を考え、大谷が、どんな結果を残すのか。とにかくここで日ハムは連勝しなければ厳しいでしょう」

 今季対ソフトバンクに1勝0敗、防御率1.74の大谷は、この試合に照準を合わせてきたが、まだ本格的な先発復帰は、1試合で、万全な準備で乗り込んだとは言えない。しかし、打者・大谷の対ソフトバンク成績は、打率.415、9本塁打、16打点と抜群。里崎氏が指摘するように「打者・大谷」の起用法とコンディションが、この頂上決戦のポイントになることは間違いない。
   

 福岡を拠点としている評論家の池田親興氏は、「千賀が初めて体験することになる、この緊張感の中で普段のピッチングができるのか。そのことは大谷の立ち上がりにも言えることで、互いに不安要素はある。だが大谷は、悪くとも大崩れはしない。どちらが序盤の攻防で先取点を奪うかが大きなポイントとなりそうだ。ソフトバンク打線は、まだ本当の上り調子とも言えないが、日ハムの方も、マーティンに代わるストッパーの吉川の安定感が欠ける。今季のヤフオクでの日ハム戦の相性が悪いとは言え、引き分け数の違いで上にいるソフトバンクに地の利があるし、後々、この引き分け数の“隠れゲーム差”が響いてくると思う。ソフトバンクにすれば、1勝1敗でいいのだ。それだけに第1戦が非常に大事になる」と展望を予想した。

 ソフトバンクの先発予定の千賀は、対日ハムに1勝1敗、防御率3.29の数字。ローテーション初年度で、勝負のかかった大一番の先発経験はない。第2戦に先発予定のソフトバンクの武田は、今季対日ハムに0勝1敗、防御率6.57と打ち込まれ、一方、日ハムの先発が予想される有原は、対ソフトバンクに3勝3敗、防御率2.78の数字だが、ここ数試合は、ガタっと調子を落としてしまっている。

 またソフトバンク打線は、ここ数試合、活気を取り戻してきたが、柳田不在は響いていて、4番の内川頼りという状況。日ハムも、新ストッパーの吉川に、まだ絶対的な安定感がない。まさに長いペナントレースで傷つき消耗した両チームが最後の死力を振り絞って、激突することになる頂上決戦。「ここまで来ると予想のしようがない」とも池田氏が言ったが、その第1戦が、歴史的なデッドヒートとなった2016年のパ・リーグのレギュラーシーズンの優勝の行方を決めてしまうのかもしれない。