イチロー、上原、青木ら日本人メジャーリーガーの来季契約はどうなる?

イチロー、上原、青木ら日本人メジャーリーガーの来季契約はどうなる?

上原にはすでに複数の球団が興味を持っているという報道もある。(写真:USA TODAY Sports/アフロ)

 来年4月17日からマーリンズはシアトルで3連戦を行うことになっている。
 イチローがマーリンズに残留すれば、2014年6月以来、およそ3年振りにセイフコ・フィールドでプレーすることになり、それをシアトルのファンも待ち望んでいるが、おそらく実現するのではないか。イチローはシーズン終了後、マーリンズが保有するオプションを行使しなければフリーエージェントとなるが、チーム側が、その権利を行使しない理由がない。

 7月、マイケル・ヒル統括本部長に意向を問えば、「現時点では分からない。しかるべきときに議論をして結論を出す」と答えたものの、地元記者らも、マーリンズがオプションを行使、つまりイチローと再契約することは既定路線と見ている。となると、来年4月、イチローがシアトルのファンの前に姿を見せる可能性は限りなく高い。

 さて、大リーグも残すところ10試合あまり。

 川崎宗則が所属するカブスがすでに地区優勝を決め、レンジャーズのダルビッシュ有、レッドソックスの上原浩治、田沢純一、ドジャースの前田健太の4人がポストシーズンのマウンドに立つことが濃厚。それぞれのチームの優勝マジックは「10」を切った。地区優勝を逃したチームの中から、各リーグ勝率上位2チームがプレーオフに出場する「ワイルドカード」争いはもうしばらくもつれる見込みで、マーリンズのイチロー、マリナーズの岩隈久志、青木宣親、ヤンキースの田中将大が負けられない試合の中に身を置く。

 そう考えると現時点で消化試合をこなしている日本人選手はいない。可能性を残したまま最終週を迎える。

 よって各選手の去就に注目が集まるのは、もう少し先のことになるが、今オフはフリーエージェントの権利を得る日本人選手が少なくない。現在、9選手が大リーグに在籍しているが、そのうちイチロー、川崎、上原、田沢、青木の5人が来季の所属先を探すことになる。それぞれどうなるかだが、イチローについてはすでに触れた通り。マーリンズがオプションを行使する見込みで、昨年はシーズン終了2日後の総括会見で再契約が発表されたが、同じ流れになるかもしれない。

 上原に関しては、ボストンの地元紙、ボストン・グローブ紙のニック・カファード記者が先日、「複数チームが彼に興味を持っているようだ」と報じた。そのうちの1チームはレッドソックスだが、故障から復帰したばかりとあって、最後をいい形で締めくくることが条件のよう。

 同じくレッドソックスの田沢は、8月の防御率が9.64で、セットアッパーから敗戦処理をする“モップアッパー”に役割が変わった。そのままならプレーオフのロースターから外される可能性も指摘されていたが、9月は、4試合に登板して無失点。ようやく復調の兆しが見えた。このままプレーオフでも好投できるなら、田沢にとって来季のメジャー契約に繋がるのではないか。逆に存在感を示せなければ、厳しいオフになる。
   

 青木は今季、打席数が480に達すれば、マリナーズとの来季の契約が自動更新される予定だった。しかし、8月26日に今季2度目のマイナー降格。これは青木の打席数をコントロールする目的との見方がもっぱらで、マリナーズが青木を来季の構想から外した、と捉えられた。ところが、9月6日に再昇格してからは好調。11試合に出場して、打率.359、出塁率.405で、チームがプレーオフ争いに踏みとどまる原動力になっている。すると先日、タコマ・トリビューンという地元紙が、「マリナーズは青木との再契約に興味を持ち始めている」と報じた。19日現在、432打席。残りは12試合。全試合に出場し、4回ずつ打席に立てば、ちょうど480打席。仮に達すれば、青木は自らの手で来季の契約を引き寄せたことになる。

 川崎に関しては、今オフもまずはマイナー契約を交わし、キャンプに招待選手として参加する道を探すことになる。ただ、彼の評価そのものは低くなく、今年も春のキャンプを終えた時点では、カブスの26番目の選手ーー大リーグに一番近い選手と言われた。上がれるかどうかは、運次第のところもある。保証など何もないが、それでも川崎は、チャンスを与えられたところで、挑戦を続けるのだろう。

 さて契約が残っているのは、岩隈久志、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太の4人。

 2023年までドジャースとの契約が残る前田の周辺は、おそらく無風。岩隈に関しても、今季の投球回数が162回に達した時点で来季の契約が自動更新され、2018年の契約に関しては、今季と来季を合わせて投球回数が324回に達すれば再び自動更新となり、今季が200イニングペースなので、来季のノルマ到達が楽になった。よって2人ともゆっくりこのオフを過ごせるはず。

 騒がしくなるかも知れないのが、ダルビッシュと田中。

 ダルビッシュの契約は来季限り。もちろんレンジャーズは再契約の意向を持っているが、その見込みがない、あるいは来季のチームが不振で、再建の必要性があると感じれば、7月のトレード期限までにトレードを試みるかもしれない。投手に限らず、フリーエージェントを控えた選手がそうした事情でトレードされるケースは大リーグでは少なくなく、また、選手も決してマイナスと受け止めない。そうした話が出ても、誰も驚かないのではないか。

 田中に関しても、似たような状況だ。

 彼の場合、来季が7年契約の4年目。ただ、来季終了後に残りの契約を破棄し、フリーエージェントになる権利を持つ。もしも田中が、故障がなく成績も良ければ、代理人は確実に契約解除を勧め、さらに大きな契約を狙うだろう。この夏、一部で田中のトレードの噂が出たのは、その契約条項が背景にある。ヤンキースは、田中と再契約できる見込みがないのなら、田中を交換要員にプロスペクトを獲得すべき、となったのだ。

 ただ、あくまで可能性の話。チームが低迷したり、再建の必要性に迫られれば、という条件次第。現時点では、両チームの首脳陣の頭の中にそのシナリオはないはずだ。

 なお、日本ハムの大谷翔平の名前はすでに米球界に轟いているが、大リーグ移籍はまだ先のことと捉えているようである。

(文責・丹羽政善/米国在住スポーツライター)