高梨か、茂木か。どうなる? プロ野球の新人王レース!

高梨か、茂木か。どうなる? プロ野球の新人王レース!

表:両リーグの新人王争い

 パリーグの新人王レースが熾烈だ。

 4年ぶりの優勝へ向けて突っ走る日ハムの高梨裕稔(25)は25日、札幌ドームでの楽天戦に先発して7回途中まで1失点、勝ち負けはつかなかったが、ゲームを作ってチームのサヨナラ勝利、マジック「3」に貢献した。直接対決となった新人王争いのライバル、茂木栄五郎(22)には、2打席目に二塁打を打たれたが、3打席目は149キロのストレートで空振りの三振を奪い、互いに一歩も引かぬ対決となった。

 高梨は、今季プロ入り3年目だが、昨年までは2試合、7回3分の1しか登板しておらず「支配下登録されてから5年以内で、前年までの出場が30イニング以内」という新人王の規定を満たす。今季は、開幕当初、その球威を買われ、中継ぎにスタンバイしていたが、チーム事情で、交流戦途中の6月8日の広島戦から先発に抜擢されて、いきなり勝ち投手となると、以降、13試合に先発して8勝負け無し。中継ぎでついた2勝目から数えて9連勝である。

 一方の茂木も、早大時代は三塁手だったが、楽天で遊撃手にコンバートされると、難しいポジションをこなしながら、開幕スタメンを手にした。そのシェアでパンチも兼ね備えたバッティングで、途中、故障離脱もあったが、すぐに復帰、大きなスランプに悩むことなく、コンスタントに数字を残し続けてきた。
 25日時点での数字は、リーグのランキング14位となる打率.278に、7本、38打点、53得点、10盗塁。出塁率は.329だ。シーズンに2本も記録した珍しいランニング本塁打は、茂木の走攻守を象徴するような結果になった。

 楽天の星野副会長などは、新人王レースについて「茂木以外の他にいるのか!」と、強烈なバックアップ発言。両リーグで、野手の新人王となると2010年の巨人長野久義以来となり、パでは、1998年の西武の小関竜也までさかのぼることになる。しかも、遊撃手となると、1997年のロッテの小坂誠以来。このとき、小坂の数字は、打率.261 、1本、 30打点 、56盗塁の成績だった。

 高梨か茂木かで大きく意見は分かれるところだろうが、元千葉ロッテで評論家の里崎智也の意見は、高梨。「野手なら3割、投手なら10勝が、やはり新人王の目安じゃないでしょうか? 高梨を評価したいのは、10勝2敗という貯金の数です。一人で8個も貯金を作った彼は、11.5ゲーム差から逆転した日ハムの勝利に大きな貢献をしました。確かにパリーグの野手では、ここ8年間も、新人王候補が出てこなかったので茂木の存在は貴重ですが、私の意見は高梨ですね」

 1998年の新人王の西武、小関は、打率.283 、3本、 24打点 、15盗塁の数字だったが、西武がリーグ優勝したため、“優勝への貢献”という部分が大きく影響した。新人王は、5年以上のプロ野球担当経験のある記者が、各自1票ずつを投じての投票によって決められるが、日ハムが、このまま優勝ということになれば、高梨への票が増えることは間違いないだろう。

 一方、セ・リーグも、野手vs投手の構図。阪神の高山俊(23)と、横浜DeNAの今永昇太(22)の2人が有力候補だが、131試合で、打率.278 、8本、64打点の高山が、一歩も二歩もリード。今永は、8勝8敗で防御率2.69。昨年度のパ・リーグの新人王を18試合、8勝6敗、 防4.79という少々物足りない数字で日ハムの有原航平が獲得した例はあるが、相対的に判断をすると、高山に付加価値が多い。坪井智哉が持つ135本の球団の新人最多安打記録に残り1本と迫り、年間の猛打賞試合数も、あと1試合で長嶋茂雄氏が、新人時代に記録した年間14試合の記録に並び、得点圏打率も、横浜DeNAの主砲、筒香嘉智に続く第2位だ。
 
 前述したように野手の“新人王資格3割論”を持つ里崎氏も、高山に関しては、「チームの新人記録や、あの長嶋さんの新人記録に迫る結果を残していることは評価しなければならないし、今永は、途中、2軍に落ちた時期もあった。数字的に見ても、セは、高山で決まりではないでしょうか」と言う。

 新人王の発表は、11月28日のNPB AWARDSで行われる。