<速報>日ハム零封負け、ソフト勝ちで4年ぶりVは明日以降に持ち越し

「マジック1」で王手をかけていた日ハムが27日、西武プリンスドームでの西武戦に0−3で敗れ、マジック対象チームのソフトバンクも同日、QVCマリンで行われたロッテ戦に3−2で勝ったため、4年ぶり6度目の優勝は、明日以降への持ち越しとなった。勝てば優勝の決まる日ハムは、この日、スタメンから外した大谷翔平が、明日28日の西武戦に先発。一方、西武の先発は、大谷の母校、花巻東の先輩、菊池雄星。また明日もロッテと続けて対戦するソフトバンクは武田翔太が背水のマウンドに立つ。

 日ハムの先発、吉川が立ち上がりに苦しむ。先頭の秋山に死球を与えると、続く外崎に“逆球”を綺麗に引っ張られ、レフトへ先制の2ランを許した。
「もったいなかった」とは、吉川の談話。2試合連続の本塁打を外崎に打たれ2点を追う展開となった。
 吉川は、マーティンの故障で、急遽、9月7日から臨時ストッパーに指名されたが、思うような結果を出せないでいると、栗山監督は迷わず先発に再転向させて優勝のかかる大一番を任せたのだ。

 試合前、恒例の円陣では“声だし”に栗山監督が指名された。栗山監督は大きな声を出した。
 「自分が一番苦しい。おれを救ってくれ」
 チームは、大逆転ドラマのフィナーレにこれ以上ないほど一致団結していた。

 しかし、西武の先発・岸はストレートが冴えて4回二死まで一人の走者も許さない。4回二死から陽のひっかけた三塁ゴロを外崎が一塁へ悪送球。記録はエラーでパーフェクトはなくなったが、続く中田を一塁へのファウルフライに打ち取りノーヒットピッチングを続ける。「最近のファイターズ戦いを見ていて抑えられるイメージが沸いていなかったが、銀(炭谷)がうまくリードしてくれていい形になった」と、試合後の岸。
 明日の西武戦に先発させるためスタメンから大谷を外した日ハム打線はインパクトに欠けた。

 5回一死から岡がセンター前ヒット。レアードは見送りの三振に倒れたが、二死から大野を迎えたところで、岡が盗塁を仕掛け、炭谷の送球もそれて、二死三塁に進んだが、大野も変化球にタイミングが合わずに三振。6回も一死一、二塁のチャンスを作るが、陽、中田のクリーンナップが不発に終わる。
   

 岸を攻略できない栗山監督は、7回二死一塁で大谷を代打起用。大谷は詰まりながらもセンターとレフトの前に落として、ツーベースヒット、二、三塁とした大谷はベース上で気合満点に拳を突き出した。だが、中島は見逃しの三振。打者を責められないような素晴らしいコースに決まった岸のボールだった。

 5回に「シーズンゼロ本で終わるわけにはいかなかった」という炭谷のレフトへの今季1号ソロで1点を加えていた西武は、3−0のまま、8回から牧田、9回は増田とつないで完封リレー。自力Vとならなかった日ハムは、そのまま全メンバーが西武プリンスドームのベンチ裏のロッカーに待機して、QVCマリンのソフトバンクの試合結果を待つことになった。途中、バックスクリーンに映像が映し出されたため、大谷らのナインやスタッフがベンチに出てきてスタジアムに残った日ハムファンと共に試合を見守った。

 そのマジック対象チームのソフトバンクは、ロッテの先発、スタンリッジの立ち上がりに内川のタイムリーで1点を先行。その1点を先発の千賀が7回まで無失点で守ると、8回に相手の守備の乱れにも助けられ一死三塁から4番の内川がライトへ貴重な犠牲フライ。2点のリードのまま8回もマウンドに上がった千賀だったが、先頭の井上にヒットを許し、二死から代打・福浦にレフト線へうまく落とされ、一、二塁のピンチを背負う。代打・井口を歩かせて満塁にして、岡田に押し出しの四球。それでも工藤監督は動かず千賀にゲームを預けた。しかし続く清田にも連続四球で同点。工藤監督は、ついに千賀をあきらめ森福にスイッチ。

 中継ぎの切り札、左腕は首位打者の角中をレフトフライに打ち取って同点のままゲームは9回へ。
 引き分けでも優勝を阻止できるが、なんとか勝ちたいソフトバンクは、9回に一死一、三塁と攻めて、ロッテの3番手、松永から福田がスクイズを決めて再び3−2とリードを奪う。そして9回は、守護神のサファテが3人でピシャリ。危ない橋を渡りながらも、この日は意地で日ハムに胴上げをさせなかった。

「僕たちが負けて優勝させるわけにはいかないという気持ちでプレーした。厳しい戦いは続くが、残り3試合負けるつもりはない。最後まであきらめるつもりはない」と、試合後、スクイズを決めた福田は、厳しい表情を崩さずに話をした。