ド軍のマエケンが緊急先発で10敗目も1億7500万円ボーナス獲得の可能性浮上

ド軍のマエケンが緊急先発で10敗目も1億7500万円ボーナス獲得の可能性浮上

10敗目を喫した前田だがプレーオフでもキーマンとなることは間違いない(写真:USA TODAY Sports/アフロ)

 ドジャースの前田健太投手(28)は、27日(日本時間28日)のパドレス戦に先発登板し、4回を3安打3失点で降板し今季10敗目(16勝)を喫した。

 前田は元々28日の同カードで今季公式戦最後の登板をする予定だったが、プレーオフの先発ローテーションが、1戦目はクレイトン・カーショー、2戦目はリチャード・ヒル、3番手に前田と決まったこともあり、急遽1日、早めて先発することが決定。初回に3ランを打たれたものの、以降は無安打に押さえていたが、球数制限により60球で降板した。  

 MLBの公式サイトによると、デーブ・ロバーツ監督は、この日の前田について「二回以降は良かった。(一回は)変化球が少し崩れ、ハンター・レンフローに高めに浮いた変化球を投げてしまい本塁打された。でもその後は三振も取り、凡打に抑えた。彼には『次に繋がる投球だった』と伝えた。つまり次は日曜日(2日)に投げる」と話した。
 
 前田から3ランを放ったレンフローは、6日前にメジャー・デビューを果たしたばかりの選手で、この日の試合が、キャリア6試合目。パドレスのアンディ・グリーン監督は、試合前、「レンフローは今日(前田を相手に)苦労するだろう」と話していたという。しかしこの日は、初回の一発に加えて、八回には満塁弾を放つ7打点の大活躍を見せた。
 
 ロバーツ監督が言うように、前田は、登板が一日早まったことにより、公式戦最終日となる10月2日のジャイアンツ戦で、今季最後の登板をすることになった。

 オレンジカウンティ・レジスター紙は、試合後登板日が変わったことについての前田の「プレーオフに向けて来週、シミュレーションゲームで投げるよりも実際のゲームで投げた方が自分にとってはいい調整になると思う」というコメントを紹介したが、「前田が日曜日に投げたいと思ったのはもう一つの理由がある」とし、「日曜日(2日)の先発は、前田にとって今季32度目の先発登板となり、150万ドル(約1億5000万円)のボーナスを加えることになる。前田はすでに基本年俸300万ドル(約3億円)に、840万ドル(約8億4000万円)のボーナスを加えた」とした。
   

 またESPNは、「今日は、短いイニングしか投げなかったことで、彼の今季の投球イニング数が、25万ドル(約2500万円)のボーナスとなる180回に満たなくなる可能性が出てきた。ただ今日170回に到達したことで、250万ドル(約2億5000万円)のボーナスを手に入れている」としている。
 この日の登板を終えたところで前田の今季の投球回数は173回。さらなる25万ドル(約2500万円)を得るためには最後の登板で7回を投げきることが必要となる。

 ロバーツ監督は、2日の登板では、この日のように前田の球数に制限は与えず、「普通の先発になる。どれくらい投げるかは、彼の投球内容による」と断言している。

 ちなみにESPNは、前田が公式戦でもう一回投げられようになったことについて、「ボーナスのことは全然頭をよぎらなかった」と話していたことも明かしている。

 ドジャースは25日のロッキーズ戦で延長戦の末、劇的なサヨナラ勝ちでナ・リーグ西地区優勝を決めた。
 今季は、エースのカーショーが椎間板ヘルニアで2ヶ月以上戦線を離脱した他、先発陣が次々故障。結局開幕からローテーションを守っているのは前田のみとなった。

 投手以外でも故障者が続出したシーズンだったにも関わらず、地区優勝を果たしたドジャースについてMLBの公式サイトは27日、「ドジャースをここまで導いた鍵となる5日」と題した記事の中で、第一にカーショーが故障をした6月26日を挙げて「これが、ドジャースが打たれ強いチームになったきっかけ」としたのに続き、第2に前田がメジャー・デビューを果たした4月6日を挙げ、「前田健太は身体検査をパスできず、疑問を抱えたまま日本からやってきた。ところがこの日、6回を無失点に抑え、本塁打まで打ってメジャー・デビューを果たし、シーズンを通してローテーション投手としてやっていく弾みをつけた。順調にメジャーリーグに順応した」と記した。

 ドジャースが地区優勝を決めた時、ロバーツ監督は「前田がいなければ私達はここまで到達していなかった」と話した。不利な契約で海を渡ったメジャー挑戦だったが、自らの頑張りで報酬を膨らませ、チームも向上してきた前田。注目のプレーオフでも重要なキーマンとなりそうだ。