5年で2度優勝の日ハム栗山監督は名将か?

5年で2度優勝の日ハム栗山監督は名将か?

栗山監督は新時代の名将像を切り開いた。写真・黒田史夫

 日ハムが142試合目にして4年ぶり7度目のリーグ優勝を決めた。6月下旬の時点で首位のソフトバンクと最大11.5差があったゲーム差をひっくり返しての大逆転劇。就任5年目となる栗山英樹監督(55)は、これで優勝2度、クライマックスシリーズ2度という好成績を残している。監督、コーチ経験がないまま監督就任した人物だが、果たして“名将”と言えるのか。

 栗山監督の采配には大きな特徴がある。

 ぶれない部分と、臨機応変に対応する部分を使い分けしている点だ。ぶれない部分は、批判があろうと貫いてきた大谷の二刀流であり、たとえ結果が伴わなくとも中田を4番で使い続けた我慢采配だ。
 “名将”野村克也氏は、「エースと4番は育てられない」と語ったが、栗山監督がそのエースと4番を育てた。もちろん、2人の群を抜く素材があってこその我慢だったのだろうが、指揮官が、目先の勝ち負けに左右されずに方針を貫くのは尋常な決意ではない。結果、大谷は二刀流として、10勝4敗、打率.322、22本、67打点という史上初の10勝&20本をクリアして開花。中田は、キャリアハイの110打点をマークした。

 パ・リーグの野球をよく知る評論家の池田親興氏は、「レアードの起用に関してもぶれなかった。他のチームの監督ならば、打線が得点力を失ったとき、レナードをクリーンナップに置きたがるだろう。実際、9試合ほど5番でつかっているが、栗山監督は、打線のつなぎと、レアードの打率が低くとも一発の怖さを持つという特性を重んじて6番、7番で我慢した。優勝を決めた試合もレアードが決めたが、走れる選手、粘りのある選手、一発のある選手と、選手の適材適所を見極め、その能力を最大限に引き出すのが、栗山監督の采配の特徴だと思う」と、高く評価した。

 コリジョンルールが採用されると、そのルール特性を見極めて戦略的にセーフティースクイズを多用。西川らを軸に機動力も積極的に使った。盗塁成功率、犠打成功率も高い数字をキープした。

 一方、チーム状況に応じて臨機応変に変化する采配は、投手起用に見られた。その代表が守護神・増井の先発転向だ。防御率が6点になるほど調子を落とすと、7月に先発転向を直接打診、当惑する増井を説き伏せ、転向した先発では6連勝するなど、8月の大谷不在の穴を埋めた。

 増井の代役ストッパーにはマーティンを置き、そのマーティンがベンチ内で足を捻挫して離脱すると、迷わず吉川を急造ストッパーに指名した。その吉川がなかなかストッパーという環境の違いに慣れず、安定感に欠くと見極めると、重要なソフトバンクとの最後の頂上決戦では、バース、谷元という新しい勝利方程式を用意した。その後、宮西にストッパーを任せた試合もある。吉川は、再度先発に転向させ、優勝のかかった27日の西武戦で先発させている。「スーパーストッパー」と、栗山監督はその臨戦態勢を表現していたが、ここでの決断が少しでも遅れていれば、ソフトバンクに隙を見せたのかもしれない。
    

 優勝への大きなポイントとなった7月3日のソフトバンク戦では「1番・投手」で大谷を起用するサプライズ。そして、大谷は、その起用に応え、先頭打者アーチを放ち、怒涛の15連勝の最中、ソフトバンクに3タテを食らわせた。これも栗山監督の奥深い采配である。

 これらを生み出したのは、24時間、野球のことを考えながら続けてきた勉強と覚悟だろう。

 栗山監督は、読書家として有名だが、中国戦国時代の思想家が書いた「韓非子」にまで目を通して、上に立ち人を動かす指揮官は、どうあるべきかのヒントにしている。池田氏は、直接インタビューした際、「昨年ソフトバンクを走らせたのは私の責任」と答えたことが忘れられないという。

「凄い覚悟だと思った。監督を5年続けた中での失敗や反省が栗山監督の場合、どんどん次へつなげっているように見える。栗山監督の選手としての実績は他チームの監督に劣るが、過去の名声や実績がある人は自分ばかりを見て、自分の選手時代の経験をものさしにするが、栗山監督は自分を見ずに選手を見た。そして、過去の実績ではなく、今の理論、言葉に説得力を持たせるための理論、方法論を突きつめた」

 日ハムは、フロントが現場の編成、コーチ人事のほとんどをリードするフロント主導型の代表的なチームだ。ドラフトと、外国人が補強の中心で無駄な“お金”は使わない。しかも、ルーキーから2年目、3年目の選手の育成についても、フロントが細かく制限を設けて、現場の勝手にはさせない。

 ただ常にデータを栗山監督ら現場の指導者と共有。選手の力を数値化して客観的に見られるようになっている。ともすれば、目先の勝負に走る現場との、軋轢が生まれてもおかしくないが、「僕は中間管理職」と、公言する栗山監督は、与えられたものでベストを尽くすというフィールドマネージャーに徹した。
 新人王の最有力となっている高梨や、ルーキー加藤らが出てきた背景には、フロントと栗山監督の信頼関係の深さと、栗山監督の中間管理職と割り切る、マネジメントの有能さと無縁ではない。
 
 前述の池田氏が言う。

「アナログ監督の時代からデジタル監督への時代へ変えたと表現すればいいのか。栗山監督は、これからの新しい時代の監督像、名将像を作り上げたことは間違いない」

 名将ではなく、新時代の監督の扉を栗山監督は切り開いたのかもしれない。