<速報>松坂が3648日ぶり復帰登板も1回を4者連続四死球を含む5失点炎上

 ソフトバンクの松坂大輔(36)が2日、コボスタ宮城で行われた楽天戦の8回から中継ぎとして移籍後初の復帰マウンドを踏んだ。日本での1軍での公式戦登板は、西武時代の2006年10月7日にソフトバンクとのプレーオフで登板して以来、3648日ぶり。だが、ストライクが入らず、4者連続の四死球、3者連続のタイムリーなどで打者一巡を許す散々の内容で1イニングに5失点した。期待されていたクライマックスシリーズでの登板は難しくなった。

 松坂が帰ってきた。
 出番は、0−2で迎えた8回。先発、バンデンハーク、森、岩崎の後を受けた4番手として、松坂の名前がコールされると、敵地であるはずのコボスタ宮城が、大きな歓声で包まれた。

 キャッチャーもベテランの細川に交代して、対するバッターは、この試合で一発を記録している嶋。だが、ボールが3つ。コントロールが定まらない。4球目に144キロのストレートでストライクをとるが、インサイドに動かしたボールが外れて、先頭を四球で歩かせることになった。

 無死一塁で、島内はバントの構えをしたが、ボールが引っかかって、避けた足にぶつけてしまった。ここで
梨田監督は、予告どおりに藤田に代えて、元西武時代のチームメイトで、メジャーでもレッドソックス対ロッキーズのワールドシリーズで対戦した松井稼頭央(40)を代打に送った。だが、またボールがひっかかって足元にぶつける死球。無死満塁となって球場はざわつき、マウンドに内野手が集まった。

 打席には、途中入団した新助っ人、ペゲーロを迎えたが、力が入り、ストライクが入らない。カウント3−0。ひとつストライクをとったが、結局、押し出し四球で1点を献上した。

 なお無死満塁だが、工藤監督は腕組みをしたまま動かない。続くウィラーへの初球も、ひっかかったショートバウンドとなり、細川が後逸して(記録パスボール)また1点。ようやくショートゴロに打ち取ったが、その間に松井が、生還して3点目。一死三塁で、茂木にも続けてボールが3つ。ライト前にクリーンヒットを許して4点目、0−6となった。続くアマダーにも、ライト前へ快音を許す。一死一、二塁と続くピンチに銀次にも、センター前へゴロでタイムリーを打たれ5失点目、2つ目のアウトをとることができない。

 岡島をボール球に手を出させてハーフスイングで三振に打ち取ったが、この間また暴投で走者を進めて、打者一巡。二死二、三塁で嶋をスイングアウトの三振で終わらせたが、松坂は下を向いてベンチへ下がった。

 遠い道のりだった。

 昨年、ソフトバンクと3年12億とも15億とも言われる巨額の複数年契約を結んで日本球界復帰を決めたが、一度もマウンドに立てないまま肩を痛めて夏に手術。今季は2軍で順調に再スタートを切っていたが、5月に指のしびれや腰痛などのアクシデントに襲われ、途中、約3か月、離脱するなど、再起への道は困難を極めた。

 だが、松坂は、あきらめなかった。そして優勝を逃した後の最終戦に、工藤監督は松坂にチャンスを与えたのだ。だが結果は、とても1軍レベルで通用するものではなかった。緊張もあっただろうが、フォームがバラバラで制球が定まらず、武器になるようなストレートも鋭い変化球のキレも見られなかった。

 内容次第では、クライマックスシリーズでの起用も考えられていたが、厳しい結果を突きつけられることになった。