<CS速報>逆転2ランで王手をかけた横浜DeNA筒香が「明日も打ちます!」

セ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージが東京ドームで開幕、シーズン3位の横浜DeNAが、4番・筒香の逆転2ランを含む3本塁打の一発攻勢で巨人を5−3で下し重要な初戦を取った。

 やはり筒香だった。1−2で迎えた6回二死一塁、カウント3−1から先発のマイコラスが不用意に投じた変化の少ないチェンジアップを見逃さない。フルスイングした打球がライトスタンドへ消える。4番の逆転の2ラン。筒香は、ミートした瞬間に雄たけびを上げた。試合後、そのことを聞かれた筒香は、「リプレーを見ます」と、覚えていないようだった。今季対巨人を相手に8本目のアーチ。2冠のバットは、初体験となるCSの大舞台でも輝きを失うことはなかった。「信じられない1本。日本の4番、チームの4番として素晴らしい1本だった」とラミレス監督も賛辞を惜しまなかった。

 だが、巨人も簡単にはあきらめない。2番手の田中から、この回先頭の阿部が左中間を破る二塁打で出塁。走者を代えて勝負に出たが、長野、ギャレットが連続三振。代打・相川を迎えたところで横浜DeNAベンチは三上にスイッチ。二塁への牽制のジャッジを巡ってラミレス監督が抗議に出る場面もあったが、相川も二塁ゴロに倒れた。1点が重たい。
 
 横浜DeNAは9回に巨人の4番手、澤村からロペスがボール球を強引にレフトスタンドへ運んで貴重な追加点。さらに一死満塁と攻めこみ、戸柱がレフトへ3点差にリードを広げる犠飛。最後は、ストッパーの山崎が、二死から坂本にレフトポール際に一発を浴びるが5−3で逃げ切った。

 横浜DeNAは、先発の井納が初回に長野のタイムリーで先制点を奪われたが、3回に梶谷がバックスクリーンに飛び込む同点アーチ。5回にも、阿部に勝ち越しタイムリーを許すが、筒香に一発が飛び出すなど、3本塁打を浴びせる得意の一発攻勢で、巨人を圧倒した。明日の第2戦の先発は、横浜DeNAがルーキーの今永、崖っぷちの巨人は、田口が予想されている。

 試合後、東京ドームの半分を真っ青に染めたファンの大歓声を受けて筒香がベンチ前に登場した。
「目の前の試合に勝つしかないので勝てたことはよかった」と第一声。続けて逆転2ランの場面を振り返って「目の前でロペスがヒットを打って塁に出たので、なんとしても、強い打球を打って、次に回すという気持ちで打席に立った。打った瞬間、行ったかなあと思いました」と笑わずに答えた。
「1年間、ファンの方々がこれだけの声援を送っていただいているので、クライマックスに勝って恩返しをしたい」
 セのファーストステージは、過去の9チーム中8チームが初戦を取ったチームが突破しているが、そのことを聞かされて「今日、取れたことが本当に大きい。明日勝って決めたいと思います」と決意を語った。
 そして、最後に「明日も打ってくれますか?」という問いかけに「明日も打ちます」と力強く宣言した。