<CS速報>巨人が高橋監督の執念CS用采配で雪辱逆王手!

セ・リーグのクライマックスシリーズ第2戦が9日、東京ドームで行われ、巨人が横浜DeNAを2−1で下して雪辱、1勝1敗のタイへ戻し逆王手をかけた。田口が7回を1失点、8回に長野のタイムリーで逆転すると、高橋監督は、制球不安の澤村を使わず、マシソンを2イニング起用する執念采配を見せた。

 高橋監督のぶれない采配がさえる。

 2番に亀井に代えて山本を置いたが、1番・坂本、3番・村田というCS用布陣は動かさなかった。横浜DeNAの先発、今永の前に3回二死までノーヒットに抑えられていたが、坂本が2試合連続となる同点アーチをレフトスタンドへ。バットを短く持ち、変化球をしっかりとバットに乗せた。首位打者の技ありの一発、ベンチのトップ起用がズバリ的中した。さらに8回。今永に代えて横浜DeNAは三上。この回、先頭の坂本は、右中間を破る二塁打で出塁した。今季、坂本は三上に4の2、1本塁打の成績。相性のいい相手だった。

 高橋監督が動く。山本に代えて、“ピンチバンター”の寺内。プレッシャーのかかる場面だったが、その初球に寺内が一発でバントを決める。「緊張する場面で、しっかりと、よく決めた」と、試合後の高橋監督、一発で決めるバントは、攻撃にリズムを生むといわれている。勝ち越しの走者を三塁において、3番の村田は一塁ゴロに倒れて、二死になったが、阿部が敬遠で歩かされ、5番に座る長野との勝負となった。

 「(前で阿部が)歩かされることはわかっていた。なんとか決めたいと思っていた」

 長野も初球だ。
 バットの先っぽだったが、センターを襲う打球に桑原が果敢にダイブしたが届かない。値千金の決勝タイムリー。「いいところに落ちてくれてよかった」。ニヒルに長野が振り返った。

 1点を逃げ切らねばならない9回。ここでも高橋監督の決断に迷いはなかった。澤村でなく、マシソンの2イニング目の続投を選んだ。「勝つための最善と思ってそうしました」と高橋監督。

 マシソンは二死から倉本にヒットを許し、代打・下園。二塁ゴロ、阿部が捕球後、塁を離れたが、ジャッジはアウト。高橋采配がはまった。澤村は、前日も制球に難がありロペスに一発を許すなど不安な面をのぞかせた。一方、8回から起用したマシソンには球威があった。実績とチームの勝利方程式を守るならば澤村だが、短期決戦のセオリーでもある「調子のいいやつから使う」の原則をCS初体験となる高橋監督は守った。シーズンとは違うCS用の打順や、前日のゲームでは、今季バントを一度しかやったことのない長野にバントのサインを出して失敗するなどした高橋采配に疑問符がつけられたが、高橋監督はぶれなかった。
 
「内容とかより、勝つしか次につながることがない中、勝ててよかった。(長野も)チームがスタートしたときからの主軸の一人。坂本も軸にして戦ってきた一人。いい形ができてきたんじゃないか。坂本はすべてにおいて大きな存在感を出してくれた。後がないのはお互い様。残すことなく、ある力をすべて出して戦いたい」
 
 高橋監督の言う“残すことなく”と示唆したは、体調不良で開幕、第2戦と先発を回避していたエース、菅野の先発起用なのか。横浜DeNAの先発予想は石田。勝った方がファイナルステージに進出する最終決戦のゴングは、明日10日、東京ドームで14:00に鳴らされる。