“下克上”を狙うソフトBの工藤監督が元西武監督にかけた1本の電話

“下克上”を狙うソフトBの工藤監督が元西武監督にかけた1本の電話

ソフトバンクは、レギュラーシーズンV逸リベンジをCSで果たすことができるのか?

ソフトバンクの“下克上”が始まった。11.5差を大逆転されて日ハムに優勝を奪われたが、残った日本一V3
を目指してクライマックスシリーズのファーストステージを“不敗伝説”を持っていたロッテを倒して連勝。いよいよ明日12日から、札幌ドームで行われるファイナルステージ進出を果たした。

 工藤監督は、「3連覇は逃しましたが、選手は1年間、がんばってくれました。勝つんだ、負けないんだという強い気持ちを持って、ホークスらしい、明るく、元気で、全員が熱男になって戦うことだけを考えていました。柳田君、今宮君も、まだ万全じゃないんですが、うちのベストメンバーが揃ったことで相手にもプレッシャーはかかったと思います。日ハムに、ぜひ勝って、日本シリーズに進みたいと思います」と、ヤフオクドームを埋めつくしたファンに決意表明をした。

 実は、日ハムの猛追を受けて、ヤフオクドームでの最後の直接対決に連敗して、逆マジックが点灯、がけっぷちに追い込まれたとき、工藤監督は西武時代の“恩師”広岡達朗氏に1本の電話をかけている。

 広岡氏は、工藤監督の1982年の入団時と同時に西武の監督に就任した。その年、いきなりリーグ制覇、日本一となって連覇を果たし西武黄金期がスタートするわけだが、「野球の基本を徹底して教えこまれた。僕のプロ野球の原点は広岡さんの野球にある」と、工藤監督が折りに触れ、公言してはばからない監督として手本としている人物である。王者らしくないチグハグな采配などを批判されていた工藤監督には、広岡氏に頼りたいほどの迷いがあったのかもしれない。

 広岡氏が言う。

「彼も、まだ監督2年目、指導者としての経験は少ないのだから、色々と苦悩はあるのだろう。ヘッドコーチも置いていない。指揮官とは孤独なものだが、電話をもらったとき四苦八苦している様子が見てとれた。私は『チームに力はあるんだ。基本を見直し、戦える形を見直しなさい』いう話をした。主力に次々と怪我人が出て、それをカバーする若手が育っていないなどの問題をソフトバンクは露呈したが、『力のあるソフトバンクが勝たなければならない、私は、クライマックスシリーズには反対だが、勝って日本シリーズに出なさい、そして広島と、本当の日本一を決める勝負をしなさい!』とハッパをかけた」
   

広岡氏の言う『形』とは、守りの野球である。

 先発、中継ぎ、抑えを整備し、センターラインを中心に守りにミスの出ない布陣を固める。攻撃では、敵の隙を見逃さず、機動力の怖さで走者を進める野球だ。そして戦術は奇策を使わず基本を守る。

 だがソフトバンクは、先発から和田が左肘の異常で離脱、中継ぎも崩れた。センターの柳田も右手親指を骨折、ラストの4試合はショートの今宮が右肘の“ねずみ(遊離軟骨)”で離脱するなどセンターラインも崩壊してしまった。そうなると広岡氏が指摘するような『形』を作ることは難しい。

 工藤監督は、中継ぎに岩嵜を置くなど応急処置を施したが、『形』を作れないまま終幕を迎えた。

 だが、クライマックスシリーズからは、柳田、今宮が復帰。岩嵜、スアレス、サファテで固めた7、8、9回のブルペンも完璧で、柳田には、まだ1本が出ていないが、広岡氏に教えられた『形』は生まれてきた。

「日ハムも若い選手を根気よく育て、外国人らとの戦力と、うまく合体させた。個人的に大谷の二刀流は気に入らないのだが」と、広岡氏は、日ハムにも評価を与えているが、自らが構築した西武野球の流れを継承しようとしている工藤監督に思い入れが出てくるのもしょうがないだろう。

 “恩師”の訓話を受けたソフトバンクの工藤監督は、日ハムとのリベンジ戦で、どんな采配を見せるのか。振り返ってみれば、7月3日の日ハム戦で、「1番・投手」で起用された大谷に先頭打者アーチを浴びて0−2敗戦したゲームが、凋落の始まりだった。ファイナルステージの戦いも、大谷が先発してくる初戦の攻防が、シリーズの流れを左右することは間違いない。

 (文責・駒沢悟/スポーツライター)