阪神がドラフトで即戦力投手&遊撃手の欲張りなW指名作戦!

阪神がドラフトで即戦力投手&遊撃手の欲張りなW指名作戦!

阪神が狙う日大の大型ショートの京田。写真・徳吉刑事

 阪神がドラフト会議(10月20日)で、1、2位指名の枠を使って即戦力投手と即戦力遊撃手を獲得するという欲張りなW指名作戦を練っていることが明らかになった。1位指名は、創価大の田中正義投手か、桜美林大の佐々木千隼投手。他球団との競合数の情報を探りながら直前に決定する方向。

 例年ドラフトに意見を出す坂井オーナーが田中を推し、金本監督が佐々木を推している模様だが、坂井オーナーには、「ドラフトでは金本監督の慧眼に期待したい」という意向があるため、よほど田中と佐々木の競合球団に、大きなバラつきが予想されない限り、佐々木の1位指名が濃厚だ。

 ただ佐々木も、競合が予想され、クジで外した場合の外れ1位、2位指名候補としてリストアップされているのが、日大の京田陽太、中京学院大の吉川尚輝の大型遊撃手2人。

 阪神は、今季、不動のショートだった鳥谷敬が大不振に陥って、途中からスタメンを外され、4年目の北條史也(22)がショートを任された。北條は、41試合にショートでスタメン出場(出場試合数は122試合)して打率.273、44得点、33打点、5本塁打、6盗塁、出塁率.341という結果と、来季以降、飛躍する可能性を見せたが、足がないためまだ守備には不安は残っていて、“ポスト鳥谷”の育成は、チームの補強ポイントのひとつ。バックアップには、守備力では申し分のない大和(28)、2軍には、売り出し中の若手、植田海(20)がいるが、ショートを守れる選手層は薄い。

 できれば即戦力の遊撃手と北條が競争しあうような環境が望ましい。鳥谷がどこにコンバートされるかもまだ正式決定していないが、セカンドのポジションも上本博紀(30)には守備のポカがあり、大和もショート、セカンドの守備は抜群だが打力は物足りない。アキレス腱断裂から復帰してくる西岡剛(32)の計算も立たないため、セカンド、ショートの両方を守れる即戦力のルーキーは、チーム事情としても、なんとかしてドラフトで補強したいのだ。

 幸いにも、今ドラフトでは、走攻守、3拍子そろった2人のショートがいるため、阪神は、早くから狙いをつけてきた。春先から、坂井オーナーの命を受けて日大出身の和田豊前監督、現SAが何度も京田のチェックに赴いていた。和田SAは、「守りはすぐ使えるレベルにあると思う。バッティングは、プロのスピード、パワーに慣れる必要はあるだろうが、1位で消える逸材」と、高評価を与えていた。

 

 2人は共に右投げ左打ち。。
 184cm、80kgの大型ショートの京田は、青森山田高時代には甲子園出場はなかったが、名門高で1年春からレギュラーを張り、楽天などプロが注目していたが、プロ志望は出さずに日大へ進学。1年春からレギュラーに抜擢され、2部に落ちていた昨年春は、打率4割をマーク。今秋は、9試合連続安打を放つなど打率は3割後半をキープ、ここまで盗塁も通算で31個を記録するなど50m5秒9の俊足だ。
 
 もう一人の注目ショートの吉川は、177cm、79kgの体格で、中京高から中京学院大。中京学院大の先輩、広島の菊池涼介と比較される機会が多いが、タイプは違っていて、吉川には菊池のようなフィジカルの強さはなく、派手な天才型。大学8シーズンで3度、4割をマーク、逆方向への打球を意識した今春には.490の高打率を残した。また3シーズン連続で盗塁王を獲得するなど50m5秒7の足もある。
 
 大学侍ジャパンに共に選ばれたが、代表チームでは、より堅実な守備力と肩を評価されて京田がショート、吉川がセカンドを守った。打の方で5番に抜擢されたのは吉川の方だった。
 つまり守備力では京田、打撃センスでは吉川。京田は東都で、吉川は岐阜大学リーグというプレーしてきたリーグのレベル差もあって、阪神の評価は京田が上なのだが、久しぶりに出てきた2人の即戦力のショートは、巨人、西武、オリックス、ヤクルトなども狙っていて、ドラフトの行方次第では、どちらかの名前が先に消えている可能性も十分に考えられる。そのため阪神は、あくまでも両睨みで調査、準備を進めている。

 昨年のドラフトでは横浜DeNAが1位で今永昇太(駒大)、2位で熊原健人(仙台大)というドラフト1位候補の両獲りに成功して注目を集めた。ロッテも1位では、大型内野手の平沢大河(仙台育英高)を楽天の競合に勝って獲得、2位でも、即戦力右腕の関谷亮太( JR東日本 )を指名、関谷は途中からローテーションに抜擢されて16試合に先発、5勝6敗、防御率5.52の数字を残して、こちらも両獲りに成功したドラフトだった。

 言うまでもなく、チームの戦力補強は、外国人、FA、ドラフトの3本柱。FA補強に関しては資金力のない球団は採用できないが、ドラフトがチーム補強に占める割合は大きく、その成否はチーム編成という将来ビジョンにも大きくかかわってくる。阪神が、即戦力投手&即戦力遊撃手のW獲得に成功すれば、万々歳のドラフトになるのだろうが、果たして? 

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)