広島東洋カープが契約更改でバブル再来を思わせる、大判振る舞いの大幅アップが続出

記事まとめ

  • 25年ぶりにセ・リーグを制した広島が、更改で大判振る舞いの大幅アップが続いている
  • 引退の黒田博樹氏は年俸6億円で、アップ額合計はそれに限りなく近い額で収まるという
  • 大判振る舞いの要因に、前田健太のポスティングやカープ女子流行などもあると見られる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております