ガチョーン、バンザイ、ノールック 平成の変則投法5選

ガチョーン、バンザイ、ノールック 平成の変則投法5選

プロの投手でも投げ方は様々

 プロ野球界には、常識を覆すようなフォームで活躍する選手が定期的に現れる。1990年代以降に活躍した“変態フォーム”の投手を振り返る。

【トルネード投法】野茂英雄(1990年~94年 近鉄)78勝46敗1S 防御率3.15(以下同)
 高校時代から上体を捻って投げており、当時は「つむじ風投法」と呼ばれた。大リーグで2度のノーヒットノーランを達成。

【ガチョーン投法】多田野数人(2008~14年 日本ハム)18勝20敗 4.43
 大きく振り被ってコンパクトに投げる様が、谷啓のギャグに似ていることから命名。超スローボールの「ただのボール」も有名。

【バンザイ投法】浜田智博(2015年~ 中日)0勝0敗 40.50
 テークバックが小さく、両手を上げた状態で投げるため、球の出所が見えにくい。中学時代に考案したという。

【ノールック投法】岡島秀樹(1994~2015年 巨人、日ハムほか)38勝40敗50S 3.19
 様々なコーチによる矯正、修正も効果がなかったというが、課題の制球力は年々改善され、メジャーでも活躍。

【あっち向いてホイ投法】吉崎勝(2000~09年 日ハム、楽天)9勝10敗 4.77
 足を上げた時に完全に顔を後ろに向けてから投げる投法で、「首だけトルネード」とも呼ばれている。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

関連記事(外部サイト)