角居勝彦調教師 休み明けの馬の気配を察知する方法語る

角居勝彦調教師 休み明けの馬の気配を察知する方法語る

休み明けの馬の気配を察知するには?

 夏競馬が終わり、中山と阪神に競馬が戻ってくる。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、放牧明けの馬が多い時期、休養明けのパドックで注目すべきポイントを解説する。

 * * *
 秋競馬といっても、まだ残暑も厳しく、オープン馬は天皇賞、エリザベス女王杯、JCなど目標とするレースによって、時期をずらして入厩してきます。夏の名残りの中でじんわりと始まるといったところでしょうか。

 放牧明けの馬が多い時期ですが、大事なのは休み明けの所作。休み前に頑張れば頑張ったほど、休み明けがキーポイントになります。

 調教で絞りあげて競馬で強く走ることを「丸めて弾ける」と表現します。強い馬ほどそれを繰り返す。筋肉の収縮度合いが強まり、大きく跳べるようになる。しかし長期休養に入ると筋肉が緩んでしまい、休み明けに「丸められる」ことに大きなストレスを感じやすい。伸びた筋肉が丸まることを拒否する。調教が難しくなるんですね。

 もちろん放牧は馬体を休ませるためにあり、メンタル面でのリフレッシュ効果も無視できない。強い馬ほどその兼ね合いが難しい。放牧は諸刃の剣です。

 まだ開業して数年しかたっていない2004年2月に新馬勝ちしたインセンティブガイは、昇級戦でも好走、ニュージーランドTに格上挑戦(12着)させた効果もあって4歳1月にはオープン入り、降級後の夏には関屋記念で3着と実力の片鱗を見せてくれました。その後は人気になりながら勝ちきれませんでしたが、5歳1月に再度オープン入りし、続く東京新聞杯で3着、東風S1着、5月には京王杯SCで2着とようやく本格化したようでした。

 その勢いで6月の安田記念に挑戦、11番人気ながら6着と好走、さあ秋はGIだと期待が高まりました。

 しかし放牧を経た秋の京成杯オータムハンデでは、1番人気に推されたものの14着(!)。休み明けの調教で、うまく丸まらなかった。その後は雌伏の時期が長く続きます。

 骨格がしっかりとしていてバランスに歪みがない。調教のやり甲斐があり、丈夫でよく走る馬でしたが、これ以後27戦、勝利には恵まれませんでした。強い相手とばかり走ったこともありますが、放牧後の調教の難しさを痛感しました。

 一方、調教は崩れているのに、秋の緒戦で好走するときもあります。この場合は「二走ボケ」に注意。緒戦は「丸めて弾けた」ときの記憶と気性で走れてしまうことがあるからです。

 休み明けの馬の気配を、馬券を買う側はどう察知すればいいのでしょう。

 休養前後のパドックを比較して、馬体の動きが違っていると調教が崩れている可能性があります。それでも緒戦で好走した場合、前述のように2戦目は危ない。逆に調教が崩れていないのに緒戦で走らないほうが2走目に期待が持てます。

 9月は休み明けの馬が多く、馬券検討に独特の妙味が広がります。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、馬文化普及、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、ラキシス、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

関連記事(外部サイト)