広島・苑田スカウト 無名の黒田博樹を見出した日を振り返る

広島・苑田スカウト 無名の黒田博樹を見出した日を振り返る

広島のスカウト部門を束ねる苑田聡彦氏

「選手を見るポイントは佇まい……つまりバランスの良さです。歩き方、走り方、キャッチボールを見れば、大体わかるもんですよ」

 広島のスカウト部門を束ねる苑田聡彦(71)は、「プロ野球界最後の職人スカウト」と呼ばれる大ベテラン。「上手い選手はユニフォームの着こなしが格好いい」が口ぐせだ。自身も広島の内野手だった苑田は1977年に引退後、先代オーナーの松田耕平から東日本担当スカウトを拝命。それから約40年間、スカウト畑を歩み続けている。

 スカウト業の醍醐味は、「磨けば光る原石」を発掘することにある。

「実際に自分の目で確認して判断することが大切。部下に『見てほしい選手がいる』と言われて視察したときに、『あの選手です』と教えられるような選手はダメ。こちらが見てすぐに『あの選手だろ?』とわかるような選手がプロの世界で活躍できている」

 25年ぶりのカープ優勝の立役者・黒田博樹も、そうして苑田に見出された原石の1人だった。

 苑田が初めて黒田を目にしたのは、彼が専修大学2年生のとき。別の選手を視察するために訪れた練習場で、一瞬にして目を奪われたという。

「大学関係者にすぐに尋ねたけれど、黒田という名前を聞いてもピンとこなかった。『父親が南海の外野手』と説明を受けて、ようやくあの黒田(一博)さんの息子なんだと理解した程度。後で調べたら、上宮高校では3番手か4番手の投手で、スカウトリストにも載っていないような存在だった」

 当時、専修大は東都リーグの二部に所属。黒田には公式戦の登板経験もなかった。だが、そんな投手に一目ぼれした苑田はグラウンドに通い続けた。

「並のピッチャーなら、前の打席でインコースを打たれたバッターに対して、次の打席はアウトコースで勝負することが多い。でも黒田は絶対に逃げずに同じコースで勝負に行った。『打てるものなら打ってみろ!』という気概のある投手は、プロでも絶対に成功する」

 苑田は黒田の他にも、金本知憲、江藤智、大竹寛など多くの名選手のスカウトに成功してきた。ただ、その一方では苦い経験もある。実は岩隈久志(シアトル・マリナーズ投手)を指名直前で他球団にさらわれていた。

「堀越高時代の岩隈は、まだ無名だったけれどスケールの大きさを感じさせるピッチャーだった。学校に確認したら『プロのスカウトはどこも来ていない』と。すぐにオーナーに直談判して、順位は最後だけれど指名OKの許可を取った。ところが近鉄に5位で指名されて……。あの時は悔しかったなァ」

◆そのだ・としひこ/1945年、福岡県生まれ。1964年、三池工高卒業後に広島カープに入団。当初は外野手だったが、山本浩二の入団に伴い内野手へ転向。以降は、どこでも守れるスーパーサブとしてチームに貢献した。1977年の現役引退後は、スカウトとして球団に残り、のちに球団の顔となる名選手を多数発掘する。2006年にスカウト部長に就任。現在はスカウト統括部長を務める。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■田中周治

※週刊ポスト2016年9月30日号

関連記事(外部サイト)