広島の名スカウトの視点 「大事なのは母と祖母の運動神経」

広島の名スカウトの視点 「大事なのは母と祖母の運動神経」

カープの伝統を支える苑田聡彦スカウト

 今季25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島のスカウト部門を束ねる苑田聡彦(71)。カープ優勝の立役者となった黒田博樹のほか、金本知憲、江藤智、大竹寛など多くの名選手のスカウトに成功してきた。

 苑田は統括部長の立場となった現在も生活拠点は東京に置き、会議のたびに広島に赴いている。気になる選手を「必ず自分の目で確かめる」ためだ。

 現在のスカウティングの現場は、「セイバーメトリクス」(※)に代表されるような数字、データを駆使して選手を評価するのが主流である。だが苑田はその流れに真っ向から抗い続けている。

【※注:野球を統計学的に分析し、その指標によって選手を評価する指標。メジャーではオークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGMが導入し、弱小だったチームを強豪に成長させたことで知られる】

 例えば2006年、米国人のマーティ・ブラウンがカープの監督に就任した際、球団の至る所にメジャー流が導入され、スカウトにも膨大な量のデータが渡されたが、苑田はその資料にまったく目を通さなかった。

「数字はアテにならないことが多い。代表的なのは野手でよく話題にされる高校通算本塁打数。公式戦が行なわれるような規格の球場で強豪校としか練習試合をしなかった、桑田(真澄)&清原(和博)のKKコンビがいたころのPL学園ならまだ参考になったが、今は両翼70メートルしかないような狭いグラウンドで週に4~5試合もして、本数が増えているだけの選手もいる。数字を全否定するわけではないが、比較しても仕方ないのもわかるでしょう?」

 そんな「徹底した現場主義」の苑田が、よく口にする言葉がある。「今の若いスカウトは、制約が多くてかわいそうだ」──。

 2004年、プロ球団が入団前のアマ選手へ金銭を渡す、いわゆる「栄養費問題」が明るみに出た。結果、スカウトに関するルールが厳格化され、選手に接触することさえも困難になった。

「今は監督同席じゃないと高校生と話すらできない。昔は気軽に自宅を訪れることができたんだけどね。そこでお母さんやお婆ちゃんと話せば、その選手がどんな性格かわかった。プロの世界で真面目に努力できるか。不真面目だと周りにも悪影響が出るから。それに大事なのは母と祖母の運動神経が良いかどうか。あくまで個人的な経験則だけれど、子供の運動能力は男系よりも女系の影響が強いように思う」

 苑田は今でも、部下たちには「自分が惚れたら何回でも何十回でも通え」と言ってあるという。

「自分もそうやってきましたから。通いに通い詰めて、くじで引き当てた選手に『カープに入団するのは運命だと思いました』と言わせる。それがスカウトをやっていて一番嬉しい瞬間でしょうね」

 職人スカウトは、これからもデータに抗う現場主義を貫いていく。

◆そのだ・としひこ/1945年、福岡県生まれ。1964年、三池工高卒業後に広島カープに入団。当初は外野手だったが、山本浩二の入団に伴い内野手へ転向。以降は、どこでも守れるスーパーサブとしてチームに貢献した。1977年の現役引退後は、スカウトとして球団に残り、のちに球団の顔となる名選手を多数発掘する。2006年にスカウト部長に就任。現在はスカウト統括部長を務める。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■田中周治

※週刊ポスト2016年9月30日号

関連記事(外部サイト)