角居勝彦調教師 期待のカイザーバルは秋華賞をどう戦うか

角居勝彦調教師 期待のカイザーバルは秋華賞をどう戦うか

角居勝彦調教師の秋華賞の戦い方

 今週は3歳牝馬によるGI秋華賞が行なわれる。断然の人気を集めるとみられていたオークス馬シンハライトが故障で回避。一転混戦模様となった。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、GI2勝をあげた牝馬ダンスインザムードの子で、角居厩舎から秋華賞に出走する期待の牝馬「カイザーバル」についての展望を聞いた。

 * * *
 6番人気で臨んだローズSで3着に食い込んだカイザーバル。1着のシンハライトにコンマ1秒差と頑張りました。3歳GⅠへの出走は感慨深いものがあります。

 しかしここまで、決して順調ではなかった。昨年9月の新馬戦(阪神芝1600メートル)は2着に4馬身差をつける圧勝。その鮮やかな勝ちっぷりと、GI2勝を挙げた名牝の子という血統のおかげで多くの期待をいただき、厩舎でも2歳のエース候補と目されていました。

 現在続々新馬がデビューしており、毎週のように「大器」や「クラシック候補」が誕生しています。1年前のカイザーバルも同じように注目を集めていましたが、まだまだ問題を抱えていました。新馬戦で勝ったスイッチを上手に切ることができなかったのです。

 繊細な気性のせいで競馬のストレスを引きずってしまう。カイバが食べられなくなって筋肉量が増えない。

 デビュー時は牝馬にしては480キロと大きな身体でしたが、その後は体重が乗っていかない。2戦目は重賞に挑戦して2番人気に支持されましたものの7着。年が明けて3歳になっても足踏みし、チューリップ賞でも6着に敗れ、桜花賞出走は断念。馬体重466キロで臨んだ君子蘭賞でようやく2勝目を挙げましたが、当初の目論見からは大きく遅れてしまったといわざるを得ませんでした。

 頭が上がりやすく、折り合いがつかなくなる。その悪弊と筋肉の細さのせいで推進力が弱く、なかなか勝ち切れなかった。その点ローズSは道中じっと頭を上げずに我慢してタメを作ることができた。ひと夏を越え、歳を重ねて落ち着きが出てきたようです。

 繊細な若駒は調教が難しい。図太い馬(エピファネイアやデルタブルースなど)は強く攻めることで調教の成果が急に顕れることもあります。しかしカイザーバルのような馬はカイバ喰いの様子を見ながら丁寧に育てる。いわば紙を一枚一枚積み重ねるように。馬が神経質であればあるほど、力がつくのに時間がかかるわけです。

 だからローズSの走りを見て安心するのは早計で、ようやくメドがついたという感じでしょうか。まだ発展途上、なにしろ紙一枚の積み重ねですから、4歳になればもっと良くなります。

 とはいえ華やかな雰囲気に包まれる秋華賞はとても楽しみです。トライアル3着だとそれほど注目されないところもいい(笑い)。今後の距離の方向性も秋華賞の走り次第となりそうですね。

 春のクラシック戦線上位馬と戦うには先行策が常道でしょうが、カイザーバルにはやらせにくい。しっかりとタメを作って走ってほしい。他の馬が逃げ宣言をしてくれないかな、などと都合のいいことを思っています。素質は間違いなく一級品、あとはその力を引き出してやるだけです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎の調教助手を経て2000年に調教師免許取得。2001年に開業、以後15年で中央GI勝利数23は歴代2位、現役では1位(2016年10月10日終了時点)。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、馬文化普及、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカ、エピファネイア、ラキシス、サンビスタなど。

※週刊ポスト2016年10月28日号

関連記事(外部サイト)