プロ野球ドラフト会議、読売ジャイアンツは「行きたくない球団になっている」と指摘も

記事まとめ

  • 投手陣を中心に「10年に1度の大豊作」といわれるドラフト会議が10月20日に迫ってきた
  • 強引な手法は長く巨人の十八番だったが、今年は日本ハムの動きに翻弄されているという
  • 「巨人信仰は見られず、巨人はむしろ"行きたくない球団"になっている」との指摘もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております