大谷翔平の過去に例のない活躍に、日本ハムファイターズは来季年俸の査定に苦悩か

記事まとめ

  • 日ハムにとっては、大谷翔平が一人で“投打の柱”を担ったレギュラーシーズンとなった
  • 「球団もどう来季年俸を査定するか、頭を悩ませているんじゃないか」と担当記者は言う
  • 阪神タイガース元球団社長の野崎勝義氏は「4億円でも安いんと違いますか?」と話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております