大谷翔平の来季年俸 いくらが「適切」なのか?

大谷翔平の過去に例のない活躍に、日本ハムファイターズは来季年俸の査定に苦悩か

記事まとめ

  • 日ハムにとっては、大谷翔平が一人で“投打の柱”を担ったレギュラーシーズンとなった
  • 「球団もどう来季年俸を査定するか、頭を悩ませているんじゃないか」と担当記者は言う
  • 阪神タイガース元球団社長の野崎勝義氏は「4億円でも安いんと違いますか?」と話す

大谷翔平の来季年俸 いくらが「適切」なのか?

大谷翔平の来季年俸 いくらが「適切」なのか?

今季、異次元の活躍を見せた大谷翔平

 11.5ゲーム差をひっくり返した北海道日本ハムの史上稀に見る逆転劇。その立役者が、「二刀流」で大車輪の活躍を見せた大谷翔平(22)であることに異論を挟む者はいないだろう。ポストシーズンの注目も一手に集め、“いくら払っても惜しくない”と思える活躍だが、実際のところ大谷の来季の年俸はどこまで上がるのか。

 日ハムにとっては、プロ入り4年目の大谷が一人で“投打の柱”を担ったレギュラーシーズンだった。

「球団もどう来季の年俸を査定するか、頭を悩ませているんじゃないか。こんな活躍の仕方をした選手、これまでにいませんからね」(担当記者)

 今季年俸2億円の大谷は、140イニングを投げて10勝4敗、防御率1.86。打者としては104試合に出場して104安打を放ち、打率.322、22本塁打、67打点の成績を残した。

 規定投球回数(143回)にわずかに届かず、規定打席にも達していないものの、防御率ではパ・リーグでトップの石川歩(28、ロッテ)の2.16を上回り、打率でもパの首位打者・角中勝也(29、ロッテ)の.339に迫り、同2位の西川遥輝(24、日本ハム)の.314を凌いだ。

 2ケタの勝ち星と100安打を同一シーズンで達成したのは1949年の阪急・野口二郎以来プロ野球史上4人目。さらに、「2ケタ勝利+20本塁打+100安打」となると、日本どころかメジャーでも例のない史上初の大記録だ。

「昨季までも二刀流に挑んでいたとはいえ、打率は2割そこそこ。査定は主に投手としてのものだった。しかし、今季はちょっとレベルが違う。登板日にDHを使わず打席に立つ“リアル二刀流”でチームに貢献し、調子の波が大きい4番・中田翔(27)の穴を補った。

 打者としての数字が査定に反映されるうえに、日ハムはメディアへの露出など、成績以外の“貢献度”も評価の対象に加える傾向が強いから、一体どこまで上がるのか想像もつきません」(スポーツ紙デスク)

 たしかに、打率や防御率だけでは計れないチームへの貢献度を見ると、さらに凄まじい。

 ソフトバンクに最大の11.5ゲーム差をつけられた6月25日から優勝が決まるまでの間に、大谷の殊勲打は12本、V打点が8回。クリーンアップを打った中田(殊勲打13、V打点8)やレアード(殊勲打12、V打点8)とまったく遜色がない。大谷が打席に立った90試合のチーム勝率は.648。そうではない53試合での30勝22敗1分(勝率.577)との差は歴然だ。

 球団の収益に直結する観客動員数では、「大谷が投げた試合」の盛況が明らかだった。日ハム主催71試合の平均観客動員数が2万9281人のところ、大谷が先発した8試合は3万2800人に膨れあがる。

 日刊スポーツ(9月27日付)によれば、今年同紙の一面を飾った回数は大谷が12回でトップ(2位は横浜・筒香嘉智の9回)。9月28日の西武戦では15奪三振の1安打完封で胴上げ投手になるなど、“数字では計れないインパクト”も抜群だ。

 入団以来、大谷の年俸は日ハムからテキサス・レンジャーズに移籍したダルビッシュ有(30)の金額と符合してきた。高卒1年目は年俸1500万円でスタートし、2年目はともに3000万円。3年目はダルビッシュが7200万円、大谷が1億円と少しズレたが、4年目は2人とも2億円になった。

 メジャー志向の強い大物高卒ルーキーとして、球団が大谷に「ダルビッシュ級」の評価をしてきたことがよくわかる。

「4年目のシーズン、ダルは16勝4敗、防御率1.88という成績で、5年目の年俸は2億7000万円にアップした。ただ、その年のチームが3位で終わったのに対して今年は優勝しているし、大谷には打者としての評価がプラスされる。そうなると、来季の大谷がダルの5年目(2億7000万円)を超えるのは間違いないでしょう」(前出の担当記者)

 そんな大谷の来季の年俸について、「4億円でも安いんと違いますか?」というのは阪神タイガース元球団社長の野崎勝義氏だ。

「球団としてはうれしい悲鳴でしょう。観客動員数のみならず球団のイメージも大幅に良くなった。ここまでの注目選手となると、球団も最大限の評価をしていることをアピールしたくなるでしょう。私なら大幅に上げる。『投手・大谷』に2億円、『打者・大谷』に2億円と考えれば、4億円が高いとは思わない」

 確かに、今季の大谷の年俸を単純に「投手で1億円」「打者で1億円」と考えると、相当な割安感がある。

 1億円超えプレーヤーだらけの巨人で見ると、先発投手で年俸1億円の大竹寛(33)は6勝6敗、防御率3.55という有り様。チーム最高年俸4億円の内海哲也(34)は9勝(6敗、同3.94)をあげたものの、開幕二軍スタートで広島独走を許した“戦犯”である。

「ソフトバンクとの天王山(9月21日)を8回1失点で勝った大谷とは比べ物にならない」(担当記者)のは当然だ。投手・大谷を「2億円でも安い」とする野崎氏の評価には説得力がある。

 打者・大谷についても同様で、巨人の打者のホームラン数を見ると年俸3億円の村田修一(35)、ギャレット(35)がそれぞれ25本と24本。23本の坂本勇人(27)は2億5000万円で、3億2600万円の阿部慎之助(37)は12本しか打てなかった。「ホームラン22本の打者・大谷」が、1億円では安すぎるという相場観もうなずける。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年10月28日号

関連記事(外部サイト)