鈴木誠也「揉みってる」ポーズで広島カープの士気盛り上げる

鈴木誠也「揉みってる」ポーズで広島カープの士気盛り上げる

勝利の揉みってるポーズ(日テレG+より)

 プロ野球の交流戦前、最後の試合となった5月28日の巨人対広島戦。2対2のまま迎えた延長10回表。2アウト、ランナー二塁で打席に入ったのは、代打の切り札・西川龍馬。巨人・カミネロが投じたカットボールを弾き返すと決勝のタイムリーツーベスとなった。

 ここでテレビカメラは不思議な光景を捉える。西川が二塁上で腕を高く掲げ、手を閉じたり開いたりするパフォーマンスをしたところ、ベンチの鈴木誠也、田中広輔も同じパフォーマンスで祝福したのだ。まるで、何かをモミモミするかのように──。

 これには、めざといカープファンがすぐさま反応。「“揉みってる”ポーズだ!」とネット上は大騒ぎに。

 鈴木や田中が披露したパフォーマンスの“由来”は、本誌5月26日号が報じた1枚の写真だ。

〈路上で美女の胸をムギュ! 広島・鈴木誠也の「神ってる夜遊び」生中継〉と題した記事。試合後に美女軍団との飲み会を行なった鈴木が、店を出て路上で美女の胸を“揉みってる”様子を写真とともに伝えたのだ。この「揉みってる」はネット上のプロ野球ファンの間で流行語となっている。

 なんと、当の鈴木とカープナインがこの写真を逆手に取っていたのである。巨人戦以降、広島は点が入るたびに「揉みってる」ポーズでチームの士気を盛り上げている。

 勢いのあるチームは違う! 「揉みってる」ポーズ導入後のカープはその御利益(?)で乗りに乗っている。

 冒頭の試合で勝利した広島はセ・リーグ首位に浮上し、交流戦も連勝スタート。いまではファンの間でも浸透し、ネット上でも、

〈自虐ネタをパフォーマンスにしてチームの雰囲気づくりに貢献〉
〈揉みってる公式化したのか〉

 と好意的な感想が並ぶ。

「記事が出た直後は鈴木も落ち込んでいましたが、チームメイトから『揉みってる』とイジられているうちに開き直ってネタにしていました。その延長でこのパフォーマンスが誕生したのではないでしょうか。そんなチームの雰囲気と鈴木のメンタルの強さが、いまの広島の強さを表わしていると思います」(スポーツ紙記者)

 だが、「揉みってる」ポーズについて、広島・緒方監督を直撃すると「何それ? 知らないよ!」とお怒りモードでした。

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)