86歳世界一のスプリンターは命懸け 狭心症と高血圧の持病も

86歳世界一のスプリンターは命懸け 狭心症と高血圧の持病も

「シルバーアスリート」ならではの苦労とは?(イメージ)

「世界のTANAKA」はマー君(ヤンキース・田中将大)だけではなかった。今年3月に韓国・大邱市で行なわれたマスターズ陸上で、青森市在住の田中博男さん(86)が200メートルで33秒76をマークし、自身の持つ85~89歳の世界記録を更新した。田中さんは100メートル15秒71の世界記録も持っている。

 まさに世界一足が速いジジイである。記録更新の陰には、「シルバーアスリート」ならではの苦労があった。田中さんが明かす。

「私は狭心症と高血圧の持病があり、毎日たくさんの薬などを飲んでいます。しかし、マスターズ陸上はドーピングに厳しく、試合前は服用が制限される。大会運営側に申告したところ降圧剤は大会中も服用できたが、サプリメントの類は、検査に引っかかる可能性があるため止めざるをえなかったんです。体調を崩さないか、心配でたまりませんでした。ある意味、命懸けで走っているんですよ(笑い)」

 持病と折り合いを付けながら、今でも週4~5日は近所の屋内運動場で1日2時間、ウォーキングや全力ダッシュで汗を流す。

「6月末に秋田、7月中旬に仙台、8月上旬には苫小牧で大会があり、9月下旬には中国でマスターズアジア大会にも出場予定です。以前、友人に勧められて『エンディングノート』を買ったんですけど、練習が忙しくて書く気にならない(笑い)。この調子なら90歳までは走り続けられそうです」

 まだまだ記録を塗り替えそうだ。

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)