広澤克実氏 「巨人はまずコーチ陣を補強してはどうか」

元巨人の広澤克実氏が、中井大介や石川慎吾、小林誠司を低評価し「コーチ補強しては」

記事まとめ

  • 元巨人で4番の広澤克実氏が、今の巨人の生え抜き、若手を手厳しく評価している
  • 広澤氏は中井大介や石川慎吾の能力に疑問を投げかけ、小林誠司の低打率を指摘
  • 広澤氏「コーチ陣が若手の力を伸ばそうとしてこなかった、巨人はコーチを補強しては」

広澤克実氏 「巨人はまずコーチ陣を補強してはどうか」

広澤克実氏 「巨人はまずコーチ陣を補強してはどうか」

高橋由伸監督の苦悩は続く

 プロ野球・交流戦の開幕カードとなる楽天との初戦に、巨人は満を持してエース・菅野智之(27)をぶつけた。ところが5回8失点と打ち込まれて屈辱のKO。

 リーグを代表するエースを打ち砕いた楽天は今季、12球団トップのチーム打率.283(5月31日終了時点、以下同)。32勝12敗でパ・リーグ首位を快走中だ。対する巨人は借金生活で6月を迎え、パの新興球団とかつての球界の盟主の明暗が分かれた格好である。

 楽天と巨人でなぜこんな大きな差が生まれてしまったのか。育成がことごとく失敗した巨人と成功した楽天という「チーム編成」に加えてベンチに座るコーチ陣の力の差を指摘するのは、巨人OBでコーチ経験豊富な黒江透修氏だ。

「交流戦開幕戦で楽天が菅野を打ち崩せたのは、2年目の1番打者・茂木栄五郎(23)がいたから。第1打席で粘って菅野に全球種を投げさせた上で、10球目をレフト前に打ち返してリズムを崩し、2番・ペゲーロ(30)以降につないだ。

 主軸につなぐそうした意識を徹底させるのが監督やコーチの役割です。ベンチと選手の意思統一が機能している楽天とは対照的に巨人はバラバラ。

 高橋監督は指導者経験が浅いのだから、コーチ陣が“坂本(勇人、28)につなごう”といった指示を徹底すべきなのですが、江藤智、二岡智宏といった打撃コーチ陣もやはり経験がないので全くできない」

 かつて補強組として巨人に加入し、4番を打った経験のある評論家・広澤克実氏は今の巨人の生え抜き、若手を手厳しく評価する。

「なんとか出場機会を得ている中井大介(27)や石川慎吾(24)の能力は疑問です。現時点の彼らでは頑張って2割7分、本塁打はせいぜい1ケタでしょう。小林誠司(27)も打率1割台。補強ばかりでコーチ陣が若手の力を伸ばそうとしてこなかった責任は重い。補強は弱いところを補うものですから、巨人はまずコーチ陣を補強してはどうか」

※週刊ポスト2017年6月16日号

関連記事(外部サイト)