巨人・高橋監督 「引退即監督」の弊害はどこまであるか?

巨人・高橋監督 「引退即監督」の弊害はどこまであるか?

現役引退即監督就任の弊害はどこまである?

 球団ワーストタイ、42年ぶりとなる11連敗を喫した巨人。2年目を迎えた高橋由伸監督への風当たりも当然ながら強くなっている。開幕からセカンドを任せた中井大介が結果を残していないにもかかわらず、5月中旬までスタメンで起用し続けた。外国人枠の問題があったとはいえ、同じくセカンドで、二軍で3割1厘、8本塁打と格の違いを見せつけていたルイス・クルーズはなかなか昇格できず、7連敗後にようやく今季初昇格させたものの、好調の時期は過ぎ去ってしまったのか、6月2日の初スタメンから3試合連続ノーヒット。坂本勇人を1番に起用したオーダーも爆発までには至っていない。野球担当記者が話す。

「高橋監督の準備不足の一言に尽きるのではないでしょうか。もともと本人は現役続行するつもりだったにもかかわらず、球団から突然指名され、監督就任を受諾せざるを得なかった経緯があります。2年目ですから言い訳は許されないとはいえ、高橋監督に同情する声はいまだにありますよ」

 現役引退後、即監督に就任したのは、高橋監督を含め7人いる。最も良いスタートを切ったのは、2004年に就任した西武・伊東勤監督だ。1年目、リーグ戦2位ながらプレーオフを勝ち抜き、優勝。日本シリーズでも落合博満監督率いる中日を下し、日本一に輝いている。西武では4年間で3度Aクラスを確保した。

 だが、1954年の国鉄・藤田宗一、1970年の西鉄・稲尾和久、1975年の巨人・長嶋茂雄、 1978年の南海・広瀬叔功、1987年のロッテ・有藤通世は、就任1年目はいずれもBクラスに終わっている。

 野球史に燦然と輝く名選手たちは、窮地に陥った球団からスターの威光を期待され、引退即監督という道を受けている。稲尾は黒い霧事件でチームがダメージを受けている時、広瀬は野村克也選手兼任監督の解任で江夏豊や柏原純一といった主力が抜けた後、ミスターロッテ・有藤通世も川崎球場に閑古鳥が鳴く時代に監督に就任した。

 思えば、高橋由伸監督の就任前の巨人には、野球賭博という大問題が横たわっていた。

「球団は困った時、スター選手の名声に頼ろうとします。しかし、専任コーチの経験もなければ、外から野球を観る機会もなかった元選手が監督になって、いきなり名采配をふるえるほどプロ野球は甘くない。監督ではなく、指名した球団に責任があると思います」(同前)

 現役引退後、即監督に就任したチームで、名監督の域に達したと言える人物はなかなかいない。藤田は2年連続、稲尾は5年連続、広瀬と有藤は3年連続でBクラスになり、辞任に追い込まれている。長嶋も6年間で2度の優勝をしたものの、常勝を義務づけられた巨人で日本一になれなかった。

「かといって、彼らが指導者として才能がなかったわけではありません。藤田は1956年に社会人・日本通運浦和の初代監督に就任し、2年目に都市対抗野球出場を果たし、準優勝しています。稲尾は1978年から1980年まで中日の投手コーチを務め、小松辰雄や牛島和彦を育てた。1984年、ロッテの監督となると2年連続2位に。落合博満や愛甲猛といった一匹狼も稲尾に心酔するなど人心掌握術に長けていた。

 広瀬は1991年から2年間ダイエーの守備走塁コーチを務め、1991年は大野久、1992年は佐々木誠と2年連続盗塁王を輩出。チームに走る意識を植えつけ、1991年には両リーグ1位となる141盗塁を記録させた。長嶋茂雄も2度目の監督就任後は2度の日本一に輝き、1994年の10・8決戦や日本シリーズという短期決戦で名采配を見せています。有藤だけはその後、指導者のチャンスが巡ってきていませんが……」

 過去の例を振り返る限り、必ずしも由伸監督の監督としての能力に問題があるとは言えなそうだが、やはり引退即監督就任というのは茨の道だったのか。

「経験の少ない高橋監督を支えるヘッドコーチが重要になってくる。村田真一ヘッドは人柄も良く、バッテリーコーチとしては問題ないが、ヘッド格は荷が重いのかもしれません。昨年優勝できなかった時点で、2軍監督やヘッドコーチとして経験豊富な川相昌弘を戻すべきでした。まだシーズンが終わったわけではありませんが、高橋監督以上にフロントの責任が問われるべきだと思います」

関連記事(外部サイト)