大型連敗の巨人 オーナーが気にする視聴率も5%台と大惨敗

大型連敗の巨人 オーナーが気にする視聴率も5%台と大惨敗

チームだけでなく視聴率も低迷

 6月8日に球団ワースト記録を更新する13連敗を喫した読売ジャイアンツ。まだ6月にもかかわらず、早くもセ・リーグ首位・広島の背中が遠く離れてしまった。2年目を迎えた高橋由伸監督に対する風当たりも強くなっている。6月8日の日刊スポーツによれば、老川祥一オーナーが2日のオリックス戦前に選手を集め、訓示を行ない、その場で低迷する視聴率やチケット売り上げの問題などを混在させながら勝利を強い口調で求めたと伝えている。

 巨人戦が毎試合放送されていた時代、視聴率は重要な指標な1つだった。最近は地上波でほとんど放送されていないが、たまにあるナイター中継では驚きの数字が出ているという。テレビ局関係者が話す。

「5月27日、NHKでの巨人対広島戦(東京ドーム)の視聴率は5.9%(19時30分~21時20分)といいう数字でした。2005年辺りから巨人戦の視聴率が獲れなくなった後でも、NHKのナイター中継は前番組のニュースの数字が高いこともあり、数年前までは2ケタを記録していました。序盤で広島が大量リードしたことも大きかったですが、5.9%は低過ぎますね。

 レギュラー番組の『ブラタモリ』は低くても10%台、高ければ15%を超えますから、半減の数字はNHKにとって痛いはず。

 徐々に視聴率が低くなっていた最近2年の同時期のNHKの巨人戦ナイター中継と比較しても、2016年は8.7%(19時30分~21時30分。5月28日対阪神戦)、2015年は9.0%(19時30分~21時45分。6月6日対ソフトバンク戦)でしたから、今年の5.9%は明らかに低くなっている」

 地上波ナイター中継の少なくなった2006年以降、巨人戦の視聴率は微減に留まり、毎年同じような数字を推移していた。下げ止まったかと思われていたが、今年は明らかな低下傾向にある。

「5月17日、日本テレビで中継された巨人対ヤクルト戦(東京ドーム)は5.7%でした。本来、特番の視聴率はある程度、レギュラー番組の数字に比例します。たとえば、低迷中のフジテレビだと低くなるし、好調の日テレだと高くなる。日テレのゴールデン帯のレギュラー番組は概ね2ケタを取っていることを考えると……。この段階ではまだ大型連敗も始まっていないし、Aクラスにいた。それなのに、シーズン序盤での5%台はあまりに低過ぎます」(同前)

 視聴率の低迷は、チームが勝てないからという理由だけではなさそうである。野球担当記者が語る。

「今の巨人の低迷は、現場だけではなく、オーナーを含めたフロントの考え方にも問題がある。場当たり的な補強をしまくって毎年変わる顔触れでは、いくら勝ったところで、ついてくるファンは限られている。

 FAも逆指名ドラフトもなく、先発メンバーのほとんどが生え抜きだった1980年代は全て年間平均視聴率が20%を超えていた。昔も今も、とにかく勝てばいいと思っている巨人ファンはいる。しかし、外様に頼り過ぎる体質を嫌になり、離れていったファンの存在を忘れてはいけない。そもそも人気が下がった背景には、むやみやたらと補強し、生え抜きを大事にしない体質にも問題があるということを理解していない。

 良い選手を他球団から獲得すれば常勝チームになるわけではない。自前で10年レギュラーを張れる選手を何人も育ててこそ、本当の常勝巨人軍が構築できるのではないでしょうか」

 負けが込み、視聴率も低下している今こそ、改革の大ナタを振るえる時。補強ばかりに頼るフロントの意識は変わるのだろうか。

関連記事(外部サイト)