早くも取り沙汰される巨人・来季監督 中畑氏や落合氏の名も

読売ジャイアンツが球団ワースト13連敗 来季監督に中畑清氏や落合博満氏の名前も

記事まとめ

  • 巨人は球団ワーストとなる13連敗を喫し、高橋由伸監督への批判は日増しに強まっている
  • Bクラスに転落した堀内恒夫監督は3年契約だったが、オフに自ら辞任を申し出た例
  • 高橋監督が退任した場合、斎藤雅樹氏、川相昌弘氏、江川卓氏、中畑清氏の名前が挙がる

早くも取り沙汰される巨人・来季監督 中畑氏や落合氏の名も

早くも取り沙汰される巨人・来季監督 中畑氏や落合氏の名も

6月に来季の話は早過ぎるが…

 6月8日に球団ワーストとなる13連敗を喫した読売ジャイアンツ。西武との3連戦は敗戦内容も悪かった。11連敗目は打線が5点を奪いながらもエース・菅野智之が守り切れず、逆転負け。12連敗目は今季初登板の岡本洋介に抑えられ、完封負け。13連敗目は序盤の3回に大量点を奪われ、13対2と大敗。打開策を見出せない高橋由伸監督への批判は日増しに強まっている。野球担当記者が語る。

「昨年は『オフに補強していなかったから』という逃げ道がありましたが、今年は30億円補強を敢行しての低迷。補強の仕方が正しかったかどうかは別として、13連敗するような戦力ではない。当然、現場の責任は問われる。3年契約ですが、このまま低迷が続けば自ら進退伺いを出す可能性は充分ありますよ。2年目にBクラスに転落した堀内恒夫監督も3年契約でしたが、オフに自ら辞任を申し出た例があります」

 6月に来季の話は早過ぎるが、ポスト・由伸は誰になるのか。堀内監督の元、早々と優勝争いから脱落し、Bクラスが確定的となった2005年には水面下で星野仙一・阪神シニアディレクター(当時)の招聘に動いていたという。だが、マスコミが情報をキャッチして報道すると、流れが変わった。これまで対巨人に執念を燃やしてきた星野氏の監督就任は、巨人ファンからもそれ以外のチームのファンからも猛反発に遭い、頓挫した。

「あれから12年経ちましたが、今も外様の就任は考えづらいでしょう。ただし、巨人以外のユニフォームを着たことのない『純血』にこだわることはもうないと思います。高橋監督が退任した場合、斎藤雅樹二軍監督、川相昌弘三軍監督の内部昇格、万年監督候補の江川卓氏、前DeNA監督の中畑清氏という名前が挙がります。

 特に中畑氏は、感情を出さない高橋監督と違い、明るく振る舞ってファンサービスも欠かさない。マスコミ受けも抜群。暗い雰囲気が充満し、人気が低下している巨人に持って来いの人物像です。また、今のチームが最も必要としている若手の育成という面においても、DeNA時代に筒香嘉智や梶谷隆幸などを育て上げ、山崎康晃を抑えに指名したり、山口俊を抑えから先発に回したりするなど選手を適材適所で起用する能力は評価されています。

 また、DeNAではラミレスや中村紀洋に引導を渡すなどベテランに遠慮することもなく、チームの若返りを進めてきた。采配面に疑問の声もありますが、DeNA時代は予算の都合で中畑氏の理想とするコーチ陣を揃えられなかった。巨人ではその心配はほとんどない。川相氏などの有能な参謀を置けば、中畑氏が活躍した1980年代の生え抜きで強い巨人が戻って来る可能性もあるのではないでしょうか」

“ウルトラC”で考えられるのは、落合博満・前中日ゼネラルマネージャーだ。落合氏は1994年から1996年まで巨人に在籍し、2度のリーグ優勝、1度の日本一に大きく貢献した。

「巨人退団の際、落合氏と直々に会談した渡邊恒雄氏が『将来引退した時は読売グループで受け入れる』と言い、将来の巨人監督を示唆したという報道もあったほど。リップサービスの面もあったのかもしれないが、渡邉氏は中日監督時代の落合氏の采配を高く評価している。落合氏は先ごろ、講演会で現場復帰について『向こうから来てくださいと言われれば、じゃあ……となりますけど』と発言。オファーが来れば、考えるのではないか」(同前)

 中日監督時代、系列スポーツ紙でも依怙贔屓することなく、先発投手やケガ人の状況などを明かさず、徹底した情報統制を敷いた。そのことでメディアから反発を招いていただけに、中日以上にマスコミの目にさらされる巨人で上手くいくのか不安も残る。

「たしかに記者の立場からすればやりづらい監督。ただ、一歩引いて考えれば、勝つことを第一目的としての方針ですから、致し方ない。実際にそのやり方で中日を優勝させてきた実績がある。そもそも監督をクローズアップし過ぎの今の球界報道がおかしいのであって、落合監督が鍛え上げた選手がスターになり、常勝軍団になれば雑音は封印されますよ。今の巨人には、落合監督くらいの劇薬が必要かもしれません」(同前)

 落合氏は、1996年の巨人退団の際に上梓した著書『不敗人生』では、こう記していた。

〈巨人の若手がなかなか育たない理由は、これははっきりしている。練習していないからだよ。バットを振っていないからだよ。本人たちは練習しているつもりでも、俺に言わせれば練習量が足りない〉

 落合氏は中日監督時代、猛練習で選手を鍛え上げ、8年間の在任中は全てAクラスを確保し、リーグ優勝4回、日本一1回を達成している。高橋監督の続投か、はたまた新監督の就任か。来季、誰が球界の盟主復活を託されるのだろうか。

関連記事(外部サイト)