SBホークスのチアガール「ハニーズ」の1日に密着

SBホークスのチアガール「ハニーズ」の1日に密着

試合開始直前の「ハニーズ」

 球場でファンを魅了するのは選手だけではない。試合前やイニング中に笑顔で舞い踊る美しきチアガールたちもまた、グラウンドを彩るスターだ。彼女たちはどんな1日を過ごしているのか? 福岡ソフトバンクホークスの「ハニーズ」の1日に密着した。

(1)出勤
 ナイターの日は14時集合のスケジュールだが、ほとんどのメンバーは13時半過ぎにはスタジアムに入る。衣装は自分たちで管理しているため、カード初戦の日にはスーツケースをもって出勤する。

(2)ミーティング
 各自ストレッチをした後、14時半のミーティングは、前回の反省からスタート。続いて当日の配置をチェック。筆記用具は必需品だ。

(3)試合前練習
 ポンポン文字など、全体で合わせる動きを中心に最終確認。当日のサブメンバーが厳しくチェック。

(4)お客さんの出迎え
 16時半の開場に合わせ、ハリーホークらチームマスコットとともにゲートでファンを出迎えるグリーティング。この日は、NANA、ELIKA、ASUKAの3人が担当した

(5)ファン交流
 スタジアムの外に出て、ファンへ応援の振り付けをレクチャー。その合間には、気さくに写真撮影にも応じていた。追っかけファンにとっては、直に交流できるタイミングだ

(6)試合開始!
 一塁側と三塁側のグラウンド入り口に分かれ、オープニングセレモニーのスタンバイ。直前まで始球式のアテンドなど忙しく動き回っているが、グラウンドに飛び出す瞬間には改めて気合いを入れる。

(7)パフォーマンス
 試合中は、開始前、5回終了後、7回攻撃時と3回のパフォーマンスを披露。スタメン選手が守備位置につく場面を盛り上げるのも重要な役割だ。

(8)試合中
 試合中は客席でもパフォーマンスを実施。オープニングセレモニー後は、すぐに反省会を開く。記録を達成しそうな選手のために花束の準備をしておくのも彼女たちの仕事。

(9)試合終了
 勝利した試合後には、セレモニーでパフォーマンスを披露。セレモニー後はライトスタンド前に移動し、応援団と歓喜のコラボ。その後、スタンドのファンに手を振りながら退場。最後まで「ファン第一」の姿勢を崩さない。

(10)練習
 試合のない日には、全体練習でスキルアップ。結成直後の1~3月は週に4、5回、シーズン中の現在も週に1度は行なっている。1回の練習は4時間にも及ぶ。

取材・文■田中周治、撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連記事(外部サイト)