巨人に外様コーチ多いのは長年積み重ねてきたFA補強の弊害

巨人に外様コーチ多いのは長年積み重ねてきたFA補強の弊害

巨人低迷の理由は外様コーチにも?

 球団史上ワーストとなる連敗記録を更新した巨人。高橋由伸監督は、この泥沼からチームを抜け出させることはなかなか困難と見る向きもある。連敗の間、由伸監督の表情は暗くなるばかりで、チームをまとめることができていない。ついてこないのは選手だけではない。ある巨人OBは、「由伸監督はコーチ陣も束ねられていない」とも証言する。

「交流戦直前の広島との3連戦中のこと。試合前の練習で、村田真一ヘッドコーチが、極度の不振に悩む中井(大介)をつかまえて打撃指導を始めた。“打撃コーチなしの打撃指導”は本来なら越権行為で、打撃コーチの立ち会いのもとでアドバイスするのが基本。コーチ間の役割分担が曖昧で、統率が取れていない証拠」

 現在のコーチ陣は、原前監督時代からの村田氏がヘッドコーチ、一軍投手コーチには監督経験のない由伸監督を補佐するために尾花高夫氏が二軍から引き上げられた。

「由伸監督の弱気な性格上、年上のコーチ陣たちに意見ができるとは思えません。また、尾花コーチが二軍担当だった当時は、野球賭博問題が広がっていた時期。責任を取るべきとの声もあったほど。就任当初から関係はギクシャクしている。由伸監督が言葉を交わすのは、二岡智宏・打撃コーチや同世代の村田善則・バッテリーコーチ、井端弘和・内野守備走塁コーチぐらいでしょう」(巨人担当記者)

 また、コーチ陣容を見ると、現役時代にFAで巨人に途中加入した“外様”が多いことにも気づく。一軍では、尾花投手コーチに加え江藤智・打撃コーチ、田畑一也・投手コーチ。二軍には豊田清・投手コーチ、小坂誠・内野守備走塁コーチ、金城龍彦・外野守備走塁コーチ。三軍にも阿波野秀幸・投手コーチがいる。

「外様コーチが多いのは、長年積み重ねてきたFA補強の弊害です。加入時の契約に“終身雇用”のような条件が含まれているとされ、巨人という球団の歪みを物語っている」(同前)

※週刊ポスト2017年6月23日号

関連記事(外部サイト)