松井秀喜氏が巨人監督を拒否する背景に読売への不信感も?

読売ジャイアンツ監督候補に中畑清氏や落合博満氏ら 松井秀喜氏は読売に不信感?

記事まとめ

  • 巨人は交流戦で13連敗を喫するなど低迷、堤辰佳GMはシーズン途中も更迭された
  • 高橋由伸監督が退任となれば、川相昌弘氏、斎藤雅樹氏、江川卓氏など名前が挙がる
  • 松井秀喜氏の監督拒否の姿勢は変わらず、読売グループへの不信感が強いという

松井秀喜氏が巨人監督を拒否する背景に読売への不信感も?

松井秀喜氏が巨人監督を拒否する背景に読売への不信感も?

巨人は松井秀喜監督を待望しているだろうが

 悪夢の13連敗を喫するなど、交流戦で大きく低迷した読売ジャイアンツ。シーズン途中にもかかわらず、堤辰佳ゼネラルマネージャーが更迭されるなど、地に足がついていない印象だ。昨年から3年契約を結んでいる高橋由伸監督だが、このまま低迷が続けば責任問題に発展するのは間違いない。もし高橋監督が退任となれば、川相昌弘3軍監督や斎藤雅樹2軍監督、球団OBの中畑清氏や江川卓氏、落合博満氏など複数の候補の名前が挙がる。その中でも、球団としての“意中の監督”として名が挙がるのは、松井秀喜氏だろう。野球担当記者が話す。

「人気の面から考えても、松井氏がなってくれるなら一番納まりがいい。かつて原辰徳監督の後継者として球団が説得を試みたが、松井氏は首を縦に振らなかった。本人の拒否姿勢は、今も変わっていないと聞きます。松井氏が巨人の監督を拒否している理由は、球団そのものというより、読売グループへの不信感が強いのではないでしょうか」

 1992年オフに4球団競合の末にドラフト1位で巨人に入団すると、長嶋茂雄監督の『4番1000日計画』の元、スラッガーとして順調に成長。11.5ゲーム差から逆転優勝を果たした1996年には38本塁打を放ち、長嶋監督の標榜したメークドラマの立役者になり、MVPを獲得。2000年には全試合で4番を務め、2冠王を獲得。日本一に貢献し、2度目のMVPに選ばれた。

 原監督の元、日本一と3度目のMVPを手にした2002年オフ、FA権を行使してニューヨーク・ヤンキースに移籍。巨人と決別した。実はその年、松井氏が巨人に不信感を抱かせるような出来事があった。2005年に出版された書籍『ヒデキマツイ』(朝田武蔵著、日本経済新聞社)でのインタビューに、松井氏はこう答えている。

〈ジャイアンツは読売新聞の広告塔に過ぎないんじゃないですか。初めてそう思ったのは、僕が日本にいた最後の年です。ジャイアンツのユニホームは、ホーム用はジャイアンツ、ビジター用は東京です。伝統あるユニホームですよ。最後の年、それが読売になった。あれはがっかりしましたね。六十何年という日本で最も歴史のあるチームなわけでしょ。そのユニホームを変えちゃうということには、すごいショックを受けました〉

 思えば、松井氏がルーキーイヤーだった年のオフからFA制が導入され、巨人は他球団から選手を“強奪”するようになった。2000年代後半、育成選手枠から這い上がった山口鉄也や松本哲也が新人王となり、生え抜きが育つ環境が出来上がったかに思えたが、昨年オフには史上初となる3人ものFA選手を獲得。今季も、若手が育つ気配はまだ見えない。前出・野球担当記者が語る。

「読売本社の姿勢がいちばんのネックなのは間違いないが、球団の方針と松井氏の考え方が合うようにも思えない。巨人からすれば是が非でも監督になってほしいのでしょうが、松井氏はこれ以上都合のいいように使われたくないと考えているでしょう。ましてや、望んでもいないのに、野球賭博の悪いイメージを消す意味合いも含め、読売の都合で監督になった高橋監督が苦労しているのを目の当たりにしている今、敢えて巨人のために尽くすという気持ちにはならないのではないでしょうか」

関連記事(外部サイト)