“清武の乱”を経て「育成の巨人」崩壊、以前のままなら…

“清武の乱”を経て「育成の巨人」崩壊、以前のままなら…

清武氏の騒動を経て今…(写真:共同通信社)

 6月l3日、読売新聞本社で行われた株主総会で、球団史上最悪となる13連敗を喫した読売巨人軍の堀辰佳GMの辞任と鹿取義隆GM特別補佐のGM昇格が発表された。この第一報が、前日(12日)に読売グループのライバルである朝日新聞系の日刊スポーツがスクープしたのは、原辰徳氏の復帰を望む関係者からの情報があったからではないかとの説もある。水面下で関係者の思惑が交錯し、主導権争いの暗闘が繰り広げられる。その間に肝心のチームは下位に沈む──そうした内部崩壊の様相を見て、阪神元球団社長・野崎勝義氏はこう語る。

「巨人が弱くなり、組織が悪循環に嵌まっている最大の原因は、2011年に大騒動の末に解任された清武英利・GMのやってきたことを全否定しなければいけない状況が続いているからです」

 この騒動は「清武の乱」として記憶されている。その年、第2次政権6年目の原・巨人は3位に沈み、CSでも2位ヤクルトに敗退してシーズンを終える。

 それから間もなく、来季人事案がいったんは確定する。ところがその後、留任が決まっていた岡崎郁ヘッドコーチの降格と、江川卓氏のヘッドコーチ招聘案が急浮上。これを当時の清武GMが、渡辺恒雄代表取締主筆の「鶴の一声」による不当な人事介入だと暴露する記者会見を開いたのである。2011年11月11日のことだ。

 渡辺氏が反論談話を発表するなど、批判の応酬に発展。1週間後には清武氏の解任が発表される。

 永久に不滅と謳われた球団の足元が、この時から崩れ始めた──。

◆「育成の巨人」崩壊

 清武氏は、1975年に読売新聞社に入社。本社社会部次長時代はスクープ記者として名を馳せ、運動部長を経て2004年に巨人球団代表に就任すると、球団改革に着手。NPBの育成選手制度(※1球団70名の支配下選手枠以外に、育成ドラフトによって選手を獲得できる制度)創設を推進し、2005年に実現すると、従来の大型補強路線とは全く違う「育成重視」のチーム強化策に舵を切った。野崎氏が続ける。

「清武さんと同じ時期に球団経営に携わっていた者としては、巨人が本気で育成に力を入れ始めたことで、もう他の5球団は歯が立たなくなるだろうと思いました。豊富な資金を使って有望な人材をヘッドハントし、若手の育成まで進められたら勝ち目がない。実際、原監督時代の2007~2009年には3連覇を達成しています」

 育成選手第1号の山口鉄也は2007年に支配下登録され、翌年には中継ぎとして11勝を挙げてリーグ優勝に貢献。育成枠初の新人賞投手となった。2009年には最多HPのタイトルに輝き、年俸1億円の大台を突破した。2006年育成ドラフト3位の松本哲也は2009年にはレギュラーに定着。新人王、ゴールデングラブ賞に輝き、やはり「育成の巨人」を印象づけた。

 だが、今の巨人にその面影はない。清武氏の目には人材を育てられなくなり、悪循環に陥った古巣は、どう映るのか。取材を申し込むと、「現在の私はノンフィクション作家です。言いたいことがあれば自分で自由に書きます。今は、巨人の問題について何も話すことはありません」と語るのみだった。前出・野崎氏はこういう。

「あの時、渡辺さんと清武さんが決定的に対立したことで、今の巨人には『清武の構築したスタイルを否定しなければいけない』という前提ができているように思います。結果として、育成制度は弱体化した。騒動がなければ、巨人は手が付けられないほど強いチームになっていたでしょう」

 清武氏が去ってからの巨人が、「補強頼み」に回帰したのは明らかだ。清武氏の後任となった原沢敦GM兼編成本部長は、就任当初こそ「『育成の巨人』は継続する」と表明したものの、掛け声だけに終わった。

「清武氏は『即効薬であるFA補強選手は、せいぜい3~4年で衰えがくる。生え抜き選手中心のチームを作りたい』と語っていた。ところが原沢氏は就任した途端に『3年連続のV逸は許されない』として、FA市場で村田修一(2年5億円、横浜から)と杉内俊哉(4年20億円、ソフトバンクから)を獲得するなど、総額30億円の大補強に走った。それまでの5年間で獲得したFA選手は2009年の藤井秀悟(日本ハムから)だけでしたから方針転換は明確でした」(スポーツジャーナリスト)

 以降、2013年オフに大竹寛(広島)、片岡治大(西武)、2014年オフに相川亮二(ヤクルト)、金城龍彦(横浜)、2015年オフに脇谷亮太(西武)、そして昨年オフの山口俊(横浜)、森福允彦(ソフトバンク)、陽岱鋼(日本ハム)と毎年のようにFA市場で選手を買い漁ってきた。

「結果は惨々なものです。育成出身で今季、一軍で仕事をしているのは2014年の育成ドラ1の篠原慎平だけ。清武氏が中心に据えたいと考えていた高卒の生え抜き選手で活躍しているのは、坂本勇人、田口麗斗くらいになってしまった」(同前)

 取材を進めるほど浮かび上がったのは、清武氏が基礎を築いた「人を育てる巨人」の崩壊だった。再度、清武氏に思いを聞くべく携帯電話を鳴らしたが、応答は得られなくなった。

※週刊ポスト2017年6月30日号

関連記事(外部サイト)