金田正一氏「金田さんを手本にして頑張れ」と由伸監督を激励

金田正一氏が江本孟紀氏と巨人について語り、高橋由伸監督に「私を手本にしろ」と発言

記事まとめ

  • 金田正一氏と江本孟紀氏が読売ジャイアンツ浮上の可能性と高橋由伸監督について語った
  • 江本孟紀氏は、高橋由伸監督は現役への未練があると述べ、金田正一氏も同調した
  • また、金田正一氏は「この金田さんを手本にして頑張れ」と高橋由伸監督を激励した

金田正一氏「金田さんを手本にして頑張れ」と由伸監督を激励

金田正一氏「金田さんを手本にして頑張れ」と由伸監督を激励

金田氏が由伸監督を激励

 球団史上最悪のシーズンを送っている高橋由伸監督率いる読売巨人軍。巨人が浮上することは可能なのか? 400勝投手・金田正一氏と野球評論家・江本孟紀氏が、監督とはどうあるべきかについて語り合った。

──高橋監督については?

江本:肝心の選手があれだけ打てない、走れない、守れないでは、誰が監督をやっても同じ。運が悪かった。

金田:高橋は待ってやらないとな。無理に監督にさせたんだから……。

江本:失敗を挙げるとすれば、村田(修一、36)をベンチに置いていること。マギー(34)はテキトーなのか、どこでも守れる。サードには村田を使い、マギーはセカンドでも外野でもいいと思いますね。

金田:巨人の再生には、選手が自分の力で立ち上がるしかない。ワシなら交代を告げに来る尾花(高夫・投手コーチ)に「帰れ!」と一喝するだろうね。

江本:カネさんは監督時代、監督なのにサードコーチに立って、相手ピッチャーを野次ってましたもんね。

金田:あれは球場にお客さんを呼ぶパフォーマンス。巨人は観客動員の心配がないから、高橋はベンチにドンと構えておればいい。とにかく、仲良しクラブはやめると、高橋が信念をもってはっきり打ち出せばいい。

江本:まだ監督になり切れていないんでしょう。現役への未練があるのに、周りから監督に据えられてしまったからじゃないか。今はもうそうは言ってられない。

金田:現役の未練や心残りは完全に断ち切れ!

江本:日本ハムの栗山(英樹)監督みたいに、実績がなくても大監督になり切らないと。「高橋よ、監督の顔になれ!」と言いたい。

金田:あとはチーム全体の闘争本能だけ。それができればまだまだAクラスはいけるよ。この金田さんを手本にして頑張れ、高橋!

※週刊ポスト2017年6月30日号

関連記事(外部サイト)