広島独走、巨人低迷のセ・リーグ 中継ぎの好不調が順位直結

広島独走、巨人低迷のセ・リーグ 中継ぎの好不調が順位直結

セ・リーグで広島独走の背景は打撃陣だけじゃない?

 プロ野球は各チームとも70試合前後を消化し、シーズンの折り返し地点に差し掛かっている。楽天とソフトバンクが激しく首位を争っているパ・リーグと比べ、セ・リーグは広島が独走状態に入りつつある。

 近年、先発投手は中6日で100球程度までという慣習が定着。DH制のないセ・リーグは特に、中継ぎの負担が増している。昨季、60登板以上はパ・リーグの4人に対し、セ・リーグは12人に上る。そのセ・リーグの12人のうち、今季、30登板以上で、防御率2点台以下に抑えている投手は今村猛、ジャクソン(ともに広島)の2人のみ(記録は6月28日現在。以下同)。つまり、登板過多の翌年、同じように活躍できる確率は非常に小さいのだ。野球担当記者が語る。

「ジャクソンも最近登板した5試合中4試合で失点。昨年の疲れが夏場に向かうにつれて出てきている印象です。しかし、広島は中田廉、一岡竜司らの若手中継ぎ陣が防御率2点台以下に抑え、勝ちパターンを作っています。

 一方で巨人の低迷は、中継ぎの不調にも大きな要因がある。安定しているのはマシソンのみ(昨季70登板・防御率2.36、今季29登板・防御率1.85)。昨季の抑えで63登板の澤村は右肩痛で未だに1軍に昇格できず、64登板の田原も左膝痛で開幕を2軍で迎え、5月に昇格したものの、調子が出ずに登録抹消に。9年連続60登板以上の山口鉄也も、ケガで現在は2軍調整中。FAで中継ぎの森福允彦をソフトバンクから補強しましたが、2011年以降の6年で5年間も50登板以上をしているわけですから、今年思うように働けないのは予想できたことかもしれません」

 抑えのカミネロは期待通りの活躍をしているものの、池田駿や篠原慎平、桜井俊貴といった若手の中継ぎ陣は信頼を得るに至っていない。これが、現在の巨人の低迷に繋がっているのではないか。

「現在3位のDeNAがいまいち波に乗れないのも、昨季62登板の須田幸太が不調で2軍落ちし、61登板の田中健二朗、59登板の三上朋也に昨年ほどの安定感がないからでしょう。ただ、それを見越したのか、今年は砂田毅樹をシーズン当初から中継ぎで起用し、パットンを補強したため、何とか大崩れしないで踏ん張っている」(同前)

 昨季、60登板以上した投手のいなかった阪神は、マテオ、桑原謙太朗、髙橋聡文、岩崎優が防御率1点台以下と相手に隙を与えていない。藤川球児も昨年の不調から復活した。つまり中継ぎ陣の好不調が、チームの順位に直結しているといえる。一方で、こんな見方もある。

「今の野球はどの球団も判を押したように、先発投手は中6日で100球と決まっているため、中継ぎ陣に負担がかかりがち。でも、そんなルールに必然性はないわけですよ。中継ぎが手薄なら、先発を中5日で回して1人を中継ぎに回したり、先発に130球投げさせたりするような球団が1つくらいあってもいいはず。巨人の高橋由伸監督のような若い監督が、違う価値観を打ち出してもいいと思います」

関連記事(外部サイト)