DeNAラミレス監督 「3番筒香」他、常識打ち破る采配

DeNAラミレス監督 「3番筒香」他、常識打ち破る采配

次々と常識破りの采配を見せるラミレス監督(撮影:山崎力夫)

 またしても、DeNAラミレス監督が常識を破る──。3試合連発と上り調子の不動の4番・筒香嘉智を、30日の巨人戦で3番に起用した。四球で歩かされるケースの目立つ筒香の後ろには、打点王のロペスが4番に、首位打者争いを演じている宮崎敏郎が5番に控えることで、投手がより筒香と勝負せざるを得ない状況を作るとともに、たとえ歩かされたとしても得点力アップを狙う目論見だ。

 この日の筒香は、ノーヒットながらも7回に四球を選び、4番・ロペスの勝ち越し2ランを呼び込んだ。3番起用のラミレス采配が早くも実を結んだ形になった。野球担当記者が話す。

「日本では4番最強説が有力で、先日日本ハムの中田翔が4番から3番になると、『降格』という表現で報道されました。たとえば、1996年と1998年に開幕から4番を任された巨人の松井秀喜が1か月間不調に陥ると、5月から3番に戻った。その時は『4番失格』という見方をされました」

 監督業とは「常識」と「批判」との戦いである。常識に背く采配をすれば「奇策」とネガティブに捉えられ、失敗すれば批判に晒される。だが、そもそも常識は奇策から始まるものだ。たとえば、1点差で負けている9回、2死一塁から盗塁を仕掛けることは、今や当たり前の作戦になっているが、当初は「奇策」と驚きを持って伝えられていた。

 1977年4月19日、甲子園球場の阪神対巨人戦。巨人・長嶋茂雄監督は2対3とビハインドの9回表、2死一塁の場面で入団1年目の代走・松本匡史にスチールを命じ、結果は成功。巨人は代打・山本功児のタイムリーで同点に追い付き、延長戦の末に勝利をモノにした。長嶋の「奇策」は以降、「常識」として球界に根付いた。

 日本球界では、個々の相性を鑑みずに「左打者には左投手をぶつける」という定説に縛られたり、「9番には投手を置く」という固定観念に捉われたりする采配が目立つ。

 だが、就任1年目でDeNAを初のクライマックスシリーズ進出に導いたラミレス監督は徹底的にデータを重視し、1つ1つの起用法に明確な理由を持って臨んでいる。

 たとえば、5月14日の阪神戦では右投手の藤浪晋太郎に対し、レギュラー捕手で左打者の戸柱恭孝、石川雄洋(二塁)を外し、右打者の嶺井博希(捕手)、田中浩康(二塁)を起用。右投手には左打者をぶつける常識を破った理由について、ラミレス監督は「藤浪は今シーズン、20四球を出しているが、そのうち15四球は右打者に対して出している」と具体的な数字まで挙げて説明した(※正確には21四球中16四球)。

 嶺井と田中は合わせて6打席立ち、田中が1死球。この日の藤浪は計5死四球を与えたが、そのうち4死四球が右打者へのもので、1回の2失点には先頭の右打者・桑原将志への四球から始まった。2014年から8連敗中と苦手にする藤浪を打ち崩すことはできなかったが、監督として出来る限りの手を打った。今回の好調・筒香の3番起用も、常識破りの“奇策”ではある。

「チームが勝つために何をすべきかを考えた時、今の筒香の状態だと歩かされるケースが多くなる。たとえば、回の先頭が筒香だった時、四球になれば、下位打線に向かって行く。DeNAは得点圏に強く、チーム2位の打点を稼ぐ戸柱が6番を打っているが、打率自体は2割1分と振るわず、下位打線はそこまで強力とは言い難い。

 データ重視のラミレス監督は常識に捉らわれることなく、筒香の打順を動かした。きちんと説明できるほどデータを徹底的に分析し、その姿勢が選手に信頼されているからこそ、実行できることです」(同前)

 采配には多かれ少なかれ、ファンから疑問の声が生まれるもの。それでも、批判を恐れることなく、きちんとした根拠を明示した上で固定観念を打ち破っていくラミレス監督は、日本球界の新たな常識を作っていきそうだ。

関連記事(外部サイト)